色は匂えど散りぬるを   

桜は枯れ枝状態(?)から突然にふんわり/もこもことたくさんの花を付け
場所によっては桜並木、桜トンネルで見るものを一気に「春」へ連れて行く

桜だけに「花見」という行事があり、場所取りまでして人々が集う
花の盛りは短く、それを惜しんで、まだ寒いのに「夜桜見物」まで定着し
アルコールが必要なだけに時に暴れる人も・・・(誰のこと?)(笑)

c0036203_19353882.jpg桜の散る姿は花が多いだけに
実にダイナミックで「桜吹雪」という
言葉まである

こんなに多くの人が愛する桜なのに
散る姿に何故か寂しさや悲しさがない

桜は葉桜に代わり新緑が
いたるところに芽吹き
いろんな花々がアトに続く

桜は自然が賑やかになる季節への派手な露払いなんだろう

これがもし秋に咲く花だったらどうなんだろう?って想像するとちょっと恐い!

c0036203_1955199.jpgc0036203_19551460.jpg
畑では蓮華が咲き、藤の花も少し顔を出している
[PR]

by hobasira | 2005-04-15 20:09 | 季節

<< りんごの花 クース(泡盛の古酒) >>