出光美術館へ行った   

c0036203_1910786.jpg


今日は別の場所に行く計画だったが夜中からの雨模様で変更

門司港レトロ地区にある出光美術館へ

江戸時代後期に文人たちの間で流行った煎茶を愛でる急須をめぐっての作品展

出光佐三氏の収集品らしい

その時代 煎茶愛好者の文人たちの間では中国文化への憧れが強かったらしい

その時代の文人 青木木米 と昭和の作陶家 三代 山田常山にしぼった展示

本当にお茶を楽しんだのかと思われるほど小さな急須が多かった


初めて行ったが 当然かもしれないが出光の宣伝もかなり

                                        出光美術館のHP
[PR]

by hobasira | 2013-06-30 20:19 | 日記

<< 七夕だけど凄い雷の連打と土砂降りの雨 樫原(かしばる)湿原へ行った >>