くきのうみ花火の祭典   

「くきのうみ」は洞海湾の別名

いつから始まったのかは知らないが例年この時期の花火大会
昨夜、夕食を食べていたら ドーン! ドーン!
と腹に響く花火の音がして「あっ! 今日だったか!」
と音だけで花火見物(?)を済ませてしまった

知り合いの家が会場のすぐ近くにあって駐車もできるから「おいで」って言ってくれてるんだけど
「暑い」 「人出の多いところはイヤじゃ」 とビールとの親睦を深める
(うむ! おやじ度の熟成が進んでるな~)

「くきのうみ花火の祭典」を見に行ったのは何年前だったか?
戸畑港で見ようとしたが人の多さと蒸し暑さに嫌気がさして
「車で若戸大橋を渡りながら見よう!」 と思いついた

行ってみると皆が同じことを考えたようで橋の上は渋滞!
却ってそれが好都合で、ゆっくりと進みながら花火を堪能

当時はワンボックスが必要な大家族だったので
何とかルーフって車の屋根を開いて子供たちは顔を出して堪能!
駐車しないよう見張ってるパトカーから「そこのワンボックス!もっと速く行きなさい!」とか言われながら

橋を渡ったら、その先でUターンしてもう一度橋を渡って
当時、往復300円の特等席

そんな思い出を話しながらの「音だけの花火見物」
[PR]

by hobasira | 2005-07-30 17:25 | 季節

<< パソコン部屋の空調 カーラジオ >>