衆議院議員選挙の期日前投票へ   

c0036203_1548324.jpg来週は職場のスタッフの結婚式なので
不在者投票へ行ってきた

台風の余波か小雨が降ったり止んだり
風はゼロに近い

最近は不在者投票を利用する
ことが僕は多くなった
利用条件が緩和されて便利だ
c0036203_1557753.jpgこれまで殆んどの選挙の投票に行ってたが
今回初めて「出口調査」を受けた

A放送局とB新聞社によるもので
内容は殆んど同じで (性別) (年代)
(投票した候補者名) (比例の政党名)
(日頃の支持政党) (関心のある課題)など

少し違うのはA放送局のは印刷された
アンケート用紙に○をつけて答えるもので
関心のある課題は10数項目の中から選ぶようになっていたが

B新聞社の方は聞き取りながらノートに汚い字手書きで書き取るもので
課題についても「郵政民営化」への賛否を問うだけであった事が違っていたくらい



ご主人と懇意にしている高齢者二人暮しのご夫婦が居る
子供はなく、奥さんがかなりの認知症で進行しつつある
奥さんの方が体が大きく、体は元気で口も手も良く出る

一定の介助と家事全部を小柄なご主人がされるが
夜中にたたき起こされて「お茶を入れろ」などいろいろ大変だとこぼされる

症状に応じていろんな施設があるようなので、そういうものを利用されては?と問うと
「そのような施設では安くとも月に12~3万円は掛かるので、年金だけの収入では
私が生きて行けんのです」と言われ
「体に気をつけて頑張って下さい」としか言いようがなかった



豊かにとは行かなくとも、つつましく暮らしていけば安心な制度が作れないものか

マスコミ報道によると「小泉劇場」の効果か「自民党優勢」とか
これで弱者は一層困難な状況に置かれるのだろうか

少なくとも待っているだけでは、財政再建と国民の生活を守る事の両立は果たせそうにないようだ
[PR]

by hobasira | 2005-09-04 17:38 | 日記

<< 台風14号 接近! 鮭の遡上 >>