雛鳥の話題 その3   

夕方帰って来ると昨日より更に大きな声で、親鳥の鳴き声に少し近付いた声で
雛が鳴いていました。

「そんなに大きな声で鳴いてカラスに聞きつけられたらどうするのっ!」って言ってやりたいくらい(笑)

お隣の奥さんが2階の物干しで洗濯物を干していたら
目の前の電線に留まっていた鳥が虫を銜えていて、飛び立つと
ウチの庭の木の中に飛び込んで行ったそうです

「お宅の庭の木に雛でも居るんじゃないですか?」とお隣さん
「そうなんです!実はこれこれしかじか・・」と、かみさんが

今年の雛はとても元気です。

最初に我が家の庭に鳥が巣をかけて卵を産んだのはずいぶん前でした。
庭の木もとても小さくて二階の物干しから巣の中が丸見えでしたが
雛はかえらないままに卵も無くなり親鳥も居なくなりました

数年後に庭の木の下に雛鳥が落ちていて「びーびー」鳴いてました
連れて帰って餌をやろうとしましたが何をやっても食べません
思い余って野鳥の会に電話を入れて聞いてみると
「巣から落ちた雛鳥は死ぬのが運命です」 「それが自然の姿です」と・・

そうなんだろう・・・そうなんだろうけど・・・

ナ○コに鳥かごを買いに行って、その中に入れ餌やりを再び試みましたがダメ!
諦めて二階の軒先にかごをつるして寝たら翌朝早朝から
ちーちー!びーびー!の大きな鳴き声で目が覚めました
親鳥と雛がすぐ傍で鳴き交わしていました

雛が落ちていた付近の木をよく見ると巣があったのでその中に雛を入れました
しかし、その後は雛が育っている雰囲気はありませんでした
一度巣から落ちた雛は親が育てないと野鳥の会の人は言ってました

三度目の雛は気がつかないうちに育っていて巣立ちの日の飛び方が下手で
隣近所をあちこち飛び回って、親鳥に心配させながらも
どうやら巣立ったようです。

今度が4回目ですが、今までで一番元気です!
[PR]

by hobasira | 2006-06-29 19:59 | 日記

<< プリモ君 ヒヨドリの雛 その2 >>