ルアク・コーヒー   

c0036203_1815334.jpg父の日を過ぎた頃に大阪の息子から左の写真の
コーヒー豆が送られてきました

コーヒー好きの僕に少し目立つように
わざと少し時間差をつけたそうです(笑)

同封されていた手紙には説明書は
コーヒーを飲んでからしか読んではいけない
と書いてありました

僕は少し薄く淹れたコーヒーを香りを楽しんでブラックでタップリ飲むのが好きです

早速、豆をひいてドリップで落として飲んでみると・・うまいっ!

その後、説明書を読んでみると
 ①インドネシアのスマトラ島北部で採れる希少なもの
 ②アフリカのモンキーコーヒー、ベトナムの狸コーヒーと並ぶ世界3大幻のコーヒーの一つで
  ルアク・コーヒー(Kopi Luak)が最高とされている
 ③ルアクと呼ばれるジャコウネコ科の動物が完熟したアラビカ種のコーヒー豆を選択して食べ
  ルアクの体内を通過する間に更に熟成が進み美味しくなる
 ④以前は多く採れたが自然破壊、ルアクの減少などで数百キロの年間生産量に減少

などとウンチクが並んでおりました(ルアクはおろか、コーヒーの知識大した事ない僕です)

なんだ~そんな事ゼンゼン平気だよ~!

要するにジャコウネコの糞の中から拾い集めたコーヒー豆だというわけです。
美味しい物にありつくためだったら大丈夫!(綺麗に洗ってある事が前提ですが・・笑)

大事にときどき飲んでるよ! ありがとう!
[PR]

by hobasira | 2006-07-12 18:55 | 日記

<< 今は秋? 英彦山のスロープカー >>