福岡国際マラソン   

今日も優れない天気で晩秋の風景見物には適してない
ふと福岡国際マラソンが60回の記念大会であるのに気付いて
かみさんにお伺いを立てると
「博多まで行って寒空の下で『ガンバレ~!』って叫ぶの・・?・・」で却下(ぐすん)

しかたなくコタツに潜りながらTVで観戦(でも、この方が良かったかも・・笑)
近くで見ると凄いスピードなんだろうな~などと思いつつ

レースは外人を中心としたトップグループから日本のランナーが落ちていき
終板からゴールにかけてはゲブレセラシエが磐石のトップでゴール!
陸上競技をあまり見ることがないので知らなかったのですが
ハイレ・ゲブレセラシエは皇帝と呼ばれる凄い選手なんですね

日本人の中での1位は奥谷で4位でしたが世界陸上出場の権利を獲得したそうです
でも3位と4位の間はかなり開いていたようでしたが・・

いろいろなスポーツを見ていてよく思うのですが
日本の女子は世界のトップレベルの種目が幾つかあるのですが
男子はそれよりはかなり厳しいレベルにあることです

これって野球を中心としたプロスポーツに身体能力の高い人が
多く集まるからなんでしょうかね?
[PR]

by hobasira | 2006-12-03 18:27 | 日記

<< とばた麺之介 ピアット >>