2回目の光化学スモッグ注意報   

先月の26日に10年ぶりの光化学スモッグ注意報が出て驚いていたら

昨日は更に広汎な範囲で注意報が発令されたようです

五島・壱岐・長崎・天草・福岡・佐賀・山口など西側に位置する場所に・・

前回の時の嫌な予測が当たってしまったようです、それもこんなに近い間隔で


昨日はちょうど弁当を食べながらTVニュースを見ていて知りました

工場の無い島にも起こっていることや風がかなり吹いていたことなどから

西側からの飛来物であるのは間違いなさそうです

飯塚方面からやってきた人が「北九州に入ったとたんに咳が出て・・」
って言ってられましたが・・

西の某国からの飛来物が原因であるとすれば太平洋高気圧に覆われる
梅雨明けまで続く可能性があるそうです

紫外線が強くなる一方のこの時期ですから更に頻繁に起こるのでしょうか?

また光化学スモッグでなくても雨などによって大気中の汚染物質が
地上に降り注ぐ事になるでしょうし・・・


いつかTVで中国の砂漠地帯にボランティアで植樹している日本人の話を見ました

自分達の生活環境を守るためにも他国へのいろんな援助・協力が必要なんでしょうね~
日本もこのような道を歩いてきたわけですし・・

幸い日本の東側は広い海で他国に迷惑をかけることは無かったでしょうが
風の無い日に工場地帯の住人が被害にあったわけですから
  (かつての日本での光化学スモッグが起こる気象条件は強い紫外線と無風でした)
[PR]

by hobasira | 2007-05-09 19:03 | できごと

<< 瑠璃光寺 五重塔 常栄寺 雪舟庭 >>