女性専用車両   

昨日は所用で早朝から日帰りで大阪へ

夕食を芦屋で知人とともにする約束で

大阪駅で目の前に止まった電車に乗ろうとすると入口に「女性専用車両」の文字

中を見るとたしかに殆んどが女性だけど数人の若いのから
老人の範疇に入る男性も混じってる

一瞬、野次馬根性も湧いたんですが気が弱いので(笑)
別の車両にしました

朝夕の通勤時間帯のみの指定だそうです

居住地域周辺で電車に乗る事は極めて少ないので知らないだけかもしれませんが
北九州では「女性専用車両」ってのを見かけたことは無いような・・

一時期「痴漢冤罪」ってのが話題になったことがありましたが
たまに電車に乗るときは
  1、(若い)女性の近くに行かない
  2、両手を上に上げてつり革などを掴んでおく
と、もっぱら冤罪回避の防御策に専念することにしているので
このような車両があると余計な気を使わなくて済むのはありがたいかな

それにしても、あの女性専用車両にいた男性たちはどういうつもりなんでしょう?
ぱっと見ただけですが障害者のようには見えなかったけど・・

まぁ~あのような状態では悪さも出来ないでしょうから大勢に影響は無いでしょうが・・

違う理由で明治時代や戦後に「女性専用」があったって話は聞いた事があります

最近これが都市圏で復活し九州ではあまり聞かないって事は
この種の問題ではこの付近がまだマシだって事でしょうか?
本当にそうだといいんだけど・・


それはともかく、知人と芦屋で夕食をしつつ歓談し11時には自宅に帰り着きました
便利な時代になったものではあります

昨夜は飲んだあと恒例の居眠り・乗り過ごしも無く無事帰宅でした(笑
[PR]

by hobasira | 2007-05-22 18:21 | 日記

<< 筑前玄海魚まつり 農事センターにて >>