<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

濃霧?   

c0036203_195823.jpg今日は変な天気でした

通勤に走っていると
建物も霞み足立山は見えずで

朝の気温は11度で霧が深い感じ

普段は昼近くになると霧はすっかり晴れるのにやや薄くなっただけで少し
離れた所は霞んだまま

帰りには更に霞んで霧の中? 一日中こんな事ってあったかな?

春一番は吹いてないので黄砂が多くなっているとも思えないですし・・?

ともあれ一月も今日で終わりですね! つい先日がお正月だったような気がするのに・・

もうすぐお正月が来ますね(笑)
[PR]

by hobasira | 2006-01-31 19:22 | 風景

日田 大山町、豆田町  その2   

木の花ガルテンはその地のJAが「道の駅風の物」を作って成功したようです

c0036203_1850893.jpg道の駅
水辺の郷 おおやま


更に212号線を進むと、すぐ近くにこの道の駅
こちらがあとから出来たようで全体に新しい
駐車場はここも満車状態でした
奥のレストランはここもバイキングで
女性と60歳以上の料金は安く設定されて
梅をテーマにしたお菓子を数種おみやげに

c0036203_1962865.jpgうどん屋

どちらのレストランも家族連れなどで
込んでいて、気の弱い僕は入れずパス

「真心の店」!?
??って思ったけど入って見ました
手打ちの讃岐うどんで美味しかったけど
一人でうどん・・・ちょっとね・・・(寂)

c0036203_19135477.jpg高塚地蔵尊
下の駐車場に車を停めて
階段をフーフー上がる脇に
小さな間口のたくさんのお店と
たくましいオバチャンたちが

上まで上がるとお地蔵様は
もっとたくましいような(御免なさい!)

日田に戻って豆田地区を少し散策
ひな祭りはまだ先ですが相変わらず人は多かったですね

c0036203_19355828.jpgc0036203_19361519.jpg
造り酒屋によって日本酒を二本(笑)買いました

左は「蔵元限定酒」  ここだけにしか売ってないという物
右は「The Classic」 秘蔵5年古酒と言う触れ込み

キャッチコピーに引かれて買ってしまいましたが、辛口好みなのにどちらも甘口でした
それでも先ほど「The Clasic」を飲み終えました(笑) 
[PR]

by hobasira | 2006-01-30 20:54 | お出かけ

日田 大山町、豆田町   

c0036203_18513352.jpgかみさんは研修があるので
今日は一人でお出かけ
以前に聞いていた木の花ガルテンの下見に

向って左側は農産物の直売所
右側はバイキングのレストランと喫茶
間に梅蔵物産館とその地下の梅干の石蔵
車も人も多く一人でレストランに入る気にもなれず一回りして終わる
眠くなったので続きは明日に・・(眠)
[PR]

by hobasira | 2006-01-29 23:21 | お出かけ

しらいし   

c0036203_16233951.jpg2月下旬にイベントがあるため
スーツを点検したら
襟元に虫にやられたか小さな穴が!
(ここのところ災難続きだ 涙)

さっそく買出しにと出かけましたが
先ずは腹ごしらえをと
久しぶりに「しらいし」へ

このお店は電話帳には「うどんのしらいし」と登録されていて
ネットのタウンページで「しらいし」で検索してもヒットしません
店の前のの看板は「蕎麦 しらいし」になっていて・・(笑)

「うどんのしらいし」は先代が始められたようですが今の店主は脱サラしてこの店を継がれたようです

この店主は「平尾台で蕎麦を育てる会」の代表もしていて
あちこちでのそば打ち会や教室の講師もされるとか

ここの麺はウドンも蕎麦も自家製の手打ちで、どちらも一級品です
うどんは「豊前裏打ち会」の麺にまけず劣らずで、蕎麦も蕎麦好きの間で有名なお店です

寒い季節なので人気メニューの「カレー煮込みうどん」を目的に行って見ました
鉄鍋~土鍋でアツアツで出てくるこのうどんは寒い季節にピッタリの700円!

注文したら「ウドン類は全部売切れです!」と(悲)
寒い時期だから冷たい方が美味しい蕎麦の方が残るわけでしょう

ま~おいしい蕎麦だから不満は無いけどちょっと残念でした
寒いうちに少し早めに出かけて、いつかリベンジに(笑)
[PR]

by hobasira | 2006-01-28 17:15 | 食べる/飲む

九州国立博物館   

c0036203_17471719.jpg昨年10月16日オープンした九州国立博物館

行って見たかったけど、かなり混雑しているようで
様子を見ていました

一区切りついたような雰囲気で、ウイークデイに
休みが取れたので、今日行ってきました

母をデイケアに出してから車で1時間

c0036203_1755463.jpg外面はガラス張りで内部の上のほうは
木が目立つつくりでした

上から見た一階の雰囲気です

一階には幾つかの展示コーナーがあり
九州各地のひな祭りのデモの展示や
アジアをテーマにしている事を示す
展示コーナーもありました

c0036203_1873025.jpg二階は特別展の会場で
今は 「中国 美の十字路」 が開催中でした

ここに展示されているのは漢が滅亡し隋ガ出来るまでの魏晋南北朝時代の物で
五胡十六国(世界史で憶え切れなかった 涙)や
それぞれの地や時代からの物が展示・解説を

詳しくはここ

じっくり見て回ってお腹が空いたので(笑)一旦外に出て昼食を
すぐそばのレストランは順番待ちなので予約して再び展示を見て時間に戻る

「ランチ」の方はおいしく食べましたが「松花堂弁当」は人にはお勧めしません(笑)

c0036203_18491887.jpg再び館に戻って三階の常設展示場へ

ここには日本の縄文時代から
近世にいたるまでの展示物が
朝鮮を主としたアジアの国々からの
展示物と対比しながら展示・解説
をされており、この館がアジアとの交流を
テーマにしている事をうかがわせます

この展示場は展示物が多くちゃんと見て回ったので
少し疲れました  詳しくはここ

小一時間の昼食を含めて5時間ほど居ました
[PR]

by hobasira | 2006-01-26 19:15 | お出かけ

ヒカンザクラ   

c0036203_19292280.jpg沖縄に行っている息子から
ヒカンザクラの写真が
送られて来ました

撮り慣れていないからでしょう
花の特徴もわかりません(笑)

自分で見に行きたかったけど
今年は無理でした

那覇付近の気温は20℃を
超えているのでソメイヨシノ
だって咲くのじゃないか?と

どんな字を書くのかとネットで確かめてみると「緋寒桜」でした
別の種類の桜である「彼岸桜」と間違えないように、最近では「寒緋桜」と言うそうです

そして驚いたのは、この桜の場合は桜前線は北上するのではなく南下するそうです

桜の名所である八重岳の頂上付近から麓へ
沖縄本島の北部から南部へ、そして更に南の島々へと咲いていくそうです

この桜の場合は寒冷刺激が開花を促すのでは?とありました
[PR]

by hobasira | 2006-01-24 19:53 | 季節

白野江植物園 1月   

c0036203_18395387.jpg昨日は久しぶりに休日の朝から晴天

外気温は9℃でしたが風があって
外に出るとちょっと冷たいくらい

しかし車も戻った事だしと
白野江植物園に出かけてみました

入り口の前には寒牡丹と水仙のノボリが
立ち並んでいましたが・・

c0036203_18471433.jpg寒牡丹は今が満開状態でした

既に散りつつあるものもそこここに見られ
「これから」の花はわずかでした

c0036203_1855283.jpg子福桜

少し強い風に空の雲は東に吹き寄せられ
真上から西側にかけての空は真っ青な快晴

その空を背景に小ぶりな桜の花がチラホラと

園の人によると春に咲く桜だが
秋に咲いた花が残ったものだそうです

c0036203_192263.jpg蝋梅と椿

蝋梅の名前はhideさんの写真で知りました

ここもよく日が当たっていて綺麗でした

c0036203_196961.jpg丘の頂上に登る道の両脇に
丈の低い水仙が群生していますが
こちらはまだまだ!

入り口前の「すいせん」のノボリは
看板に・・・では?(笑)

快晴の天候のもとでの植物園は
とても気持ちが良かったのですが
風が強く冷たかったので一時間ほどで

c0036203_19161852.jpg下関辺りで昼飯を、と植物園を出たところで息子から電話が入り、下関ICで待ち合わせ

「まだ行ったことがない」という彼らを連れて
唐戸市場で一緒に昼飯を

終わってからは別行動と言う事で
海響館に行って中を回っていると
再びバッタリ!(笑)

うっかり忘れていたのですが昨日は特別な記念日でした(忘れていてスミマセン!)

そう言う訳で、夕食も再び彼らと一緒にすごし楽しいお酒を飲み(過ぎ)ました
[PR]

by hobasira | 2006-01-23 19:35 | 季節

車が戻ってきた   

c0036203_1655464.jpgオンボロ代車に乗ること2週間近く
難聴になりそうな騒音を立てて
毎日、通勤に40kmを走り続けました

行きも帰りも車に乗るたびに
いたずら犯人とディーラーに腹が立つが
それでなくても危ういボロ車!

おさえて!おさえて!
ラジオをつけても凄い雑音!(涙)

待つ事久しく、やっと戻った我が車を動かすと静かに振動も無くスイーッと動く!

何だか嬉しい!新車が来た時のようだ(笑)

おい!ディーラー!まさかこの効果を狙ってボロ車を代車にしたわけじゃないだろうな(怒)

これまでいろんな機会に代車を使ったけどコンナのは初めてだと
一応苦情を言って受け取りました

暫くして出かけようとすると あれ? あれっ? あれっ?

パワーウインドウがどれも開かない!

おまけにカーナビの設定も変わっているし、ガソリンもずいぶん減っている!

どういう事だ!ディーラー!(怒)

早速連絡を取り販売店の工場に持ち込みました

パワーウインドウはドアを外して塗装をしたあとに配線を継ぎ忘れた
カーナビの設定はバッテリーを外して作業をするので初期設定に戻った
ガソリンは離れた所に集中して塗装をする場所があるのでそのためだと

一つ一つはそれらしいことを言うんだけど大丈夫かい?おたく!
ここと付き合いを続けるかどうか考えねば・・
[PR]

by hobasira | 2006-01-21 17:43 | できごと

ブログ開設一周年   

一年前の本日から「帆柱山の見える家」をスタートしました

最初は家を離れていく子供たちや親しい方への「我が家便り」みたいなものをと考えていました

しかしセキュリティーの面から(そんな心配をする必要があるかどうか判りませんが)
あまりありのままをネットに流すわけにいかないし・・・

他の人のブログからもたくさんの影響や刺激を受けたり

あっちにウロウロ、こっちにヨロヨロの一年でした

自分はブログで何をしようとしているんだろう?
などと時には立ちすくんでしまう事も間々ありましたが・・・

でもブログで知り合いやお友達にに成れた方がいる事が何よりの楽しみです

地味で駄文の多いブログですが気負わずボチボチと続けて行きたいと思います
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by hobasira | 2006-01-19 19:39 | 日記

皿倉山の見える家   

c0036203_184921.jpg

懺悔!     我が家からは帆柱山は見えません!
           我が家から見えるのは皿倉山です!(上の写真が皿倉山)

c0036203_1925392.jpg
言い訳
ちょっと見にくい図ですが、この地図に見られるように、これらの山は一塊となった山地ですが
所々に頂をなす場所に下のように名前が付いています

  皿倉山:622m  権現山:617m  帆柱山:488m  花尾山:351m

そしてこの地域一帯には「帆柱自然公園」と名が付いています

また昔からある皿倉山に登るケーブルカーにも「帆柱ケーブル」と名が付いています

このブログに名前を付けるときに、どちらにしようかと考えたのですが文字にしたときに
「皿倉」よりも「帆柱」の方がカッコイイ?でした(笑)

自然公園の名前もケーブルカーの名前も多分同じ理由からでは?と思います

と言うわけで、これからも帆柱山の見える家で続けますがよろしくお願いいたします。
[PR]

by hobasira | 2006-01-18 19:54 | 風景