<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

神楽女湖の花菖蒲   

c0036203_1853405.jpg

今日は久しぶりに別府方面へ

baliさんの記事で知った神楽女湖だったけど、まだ行ったことがない
そんなことは許されない(笑

別府ICが近付くとほのかな、いやかなり強い温泉独特のにおい・・

山の方には急な斜面に広大な芝生(?)が広がり

海の方を見ると生憎と霞が今日も強くてあのアタリが別府湾なんだろうね~って感じで

c0036203_191344.jpg別府ICからこの入口までは

想像していたより意外に近かった

c0036203_1943849.jpg駐車場から歩いて500m余か

耳のそばで鶯が鳴いてるのか?
とあたりを見回すほどに野鳥の鳴き声が
大きく頻繁に聞こえる道を歩く

こんなことが大切なんですよね
そして花菖蒲園の入口へ到着
c0036203_19125511.jpg

入口そばの一年株はまばらに花を付けている程度だが二年株は満開を少し過ぎたか

広大な敷地(湖のはずだけどどこにも水は溜まってなくて・・)に一面の花菖蒲

自分の目で見た中では一番の広さ

c0036203_19215585.jpg


c0036203_19224951.jpgc0036203_19241759.jpg
c0036203_1925499.jpg
一畝ごとに品種名が書いてあって何十種類あったんだろう・・汗

蜂が盛んに蜜を求めて花の中に潜り込んでました

c0036203_19285393.jpgc0036203_19295062.jpg
地元の方にうかがった所では「湖」と言っても水の枯れてる事が多い

今年は気温が例年よりも4℃ほど低くて雨の少なさもあって花の咲き方が不良

2~3日前までは殆んど枯れかかっていたけど昨夜の雨で息を吹き返した・・・

物売りは駐車場に少し出ていただけで、どうやって管理しているのか・・・

こんな場所が長く残って欲しいものです   (画像は拡大します)
[PR]

by hobasira | 2007-06-30 20:44 | お出かけ

海峡花火スタンバイ   

c0036203_18171127.jpg今年は20回記念海峡花火大会とか

門司港・下関、両側の人出を合計すると
110万人余で日本第二とか
 (ホントかな~?

1万3000発を海上から打ち上げる

経験者はご存知でしょうが車は
大渋滞で行きも帰りも大変!

花火が終わるのは9時前だけど午前1時頃まで渋滞が続くありさま

JRを使っても熱中症になりそうな暑さの中で、順番待ちが大変です

数年前に運良く船で海峡花火を見る事が出来ました

夕方の明るさの残る中を出港し少しクルージング

海風に吹かれて涼しい中で両岸の花火を堪能できて最高!
そして10時前には家にたどり着けます

今年は何としてでもとせめぎ合いの末、財務省の認可を得ました
と言うか、その前にチャント予約を入れといたけど・・(内緒!
今年は10余人での花火見物になるのかな?

子供たち~~! 頑張って確保したからチャント休みを取って帰って来るんだよ~!

スケジュールをなるべく早く知らせるように
皆揃ったらかなりの人数だから、それなりの準備も要るからね

さてさて、どうなりますやら・・何とか晴れに    ここに情報が
[PR]

by hobasira | 2007-06-28 18:51 | 季節

かすむ北九州   

c0036203_1852095.jpg

今日は朝から「なんだか霞んでるな~」って感じだったけど

お昼を過ぎても夕方になっても一向に変わる気配が無いまま

夕立の中の視界のように、あるはずの山なども殆んど見えない

これはてっきりあれだな!

c0036203_18234625.gifと思って気象庁の黄砂情報を調べてみたけど

このとおり!

えっ! 例の飛来物じゃなかったの?

その他の気象情報を調べてみると



福岡 福岡地方 6月26日 13時29分発表 濃霧
履歴
北九州 北九州・遠賀地区 6月26日 13時29分発表 濃霧
履歴
京築 6月26日 13時29分発表 濃霧
履歴


と言うことで原因は濃霧でした


お隣さん、あらぬ疑いをかけてごめんなさい!

でもね~・・・深刻な水不足、砂漠化が進んでいて

やがて「隣の事」では済まなくなりそうで・・・
[PR]

by hobasira | 2007-06-26 19:07 | できごと

横浜ちょこっと   

16日(土)の結婚式終了後は義弟の好意に甘えて
みなとみらいのホテルに泊めてもらった

c0036203_17474916.jpg c0036203_17482577.jpg

おなかが一杯で窓の外の景色など見ながらホテルで過ごし

少し夜も更けた頃、軽いものを食べに外に出てうろちょろ

c0036203_17503442.jpg帰りに見かけた大道芸人

シャベリも重要な芸のうちを実感

切れ目のない速いシャベリに引き込まれる

c0036203_17534652.jpg
c0036203_17543762.jpg
翌日も晴天で昨夜の同じ場所を

早朝の斜めからの陽射しが景色を際立たせる


足の不自由な義母を連れてなので午後の飛行機まで
平地に一箇所だけと横浜中華街へ

c0036203_1831571.jpgc0036203_1842353.jpgc0036203_1845654.jpg

中心部をうろついて、買い物を少し

オープン・カフェで豚饅にかぶりついて終了

ホテルに戻って荷物を積み、ベイブリッジを渡って羽田へ

タクシーだと結構なお値段になりました   (画像は拡大します)
[PR]

by hobasira | 2007-06-24 18:09 | お出かけ

鎌倉お散歩   

一週間前の15日は比較的早い飛行機で羽田に向ったので
到着後は鎌倉を少しお散歩

浄妙寺

c0036203_1841434.jpgc0036203_184569.jpg
臨済宗  鎌倉五山の五位  1188年建立

人影は少なく茶室周りに雰囲気がありました

お寺の名前がこの地域の地名になっていました

報国寺

c0036203_18103670.jpgc0036203_18111427.jpg
浄妙寺から歩いて2~3分の場所にあり手入れが行き届いている

臨済宗  1334年創建

裏側にある「竹の庭」は独特の雰囲気があって見事

c0036203_18193273.jpgかみさんが某雑誌で見つけたイタリアンの店
報国寺からバスで移動して
ランチに小町通のすぐ脇へ

店の前に立つとこの雰囲気で
チョット引いてしまったけど
料理店は食べてみないと判らない!

発想がなかなかで将来が楽しみかな?

明月院(あじさい寺)

c0036203_1826023.jpgc0036203_18263930.jpg
臨済宗  1300年代の建立か
小町通からは少し距離がある北鎌倉なので
タクシーに乗って「明月院へ」と言うと「???」
「あじさい寺へ」と言うと「はい、わかりました」って

ここは平日なのにさすがに人が多く、近所の家々もこの時期は大変そうで
自宅への車の出入りもままならないようでした

敷地内はあじさいがてんこ盛り状態で
茶室の緋毛氈が際立っていました

建長寺

c0036203_19114124.jpgc0036203_19123545.jpg
臨済宗建長寺派の大本山   1253年建立

広大な敷地にいずれも大きな建物・門 木々が

見事な寺院でしたが明月院から歩いてここまで行き
広い境内を巡ると暑さでかなりヘロヘロに

鶴岡八幡宮

c0036203_20151874.jpgc0036203_20162249.jpg
京都の八幡宮を由比ガ浜に移した後に1180年に現在地に

地元では当然かもしれないけどバス停の名はただの「八幡宮」

日本三大八幡宮の一つ

しかし、この頃には既にかなりよれてたので裏側から入って
表参道の方へと下ってきました(八幡様すみません

c0036203_20262553.jpg八幡宮の表参道入口にあった
鎌倉彫の老舗

審美眼ゼロのhobasiraですが
じっくり見ると良い物は良い!

小さな茶筒を見つけてコーヒー好きなので
挽いたコーヒー入れにどうかな?って
値段を見ると20数万円!!
「うん、コーヒー入れにはちょっとだね・・」(汗

c0036203_20341055.jpg八幡宮に続く若宮大路は「どうして、こんなに?」って思うくらいに人が多く

暑さがこたえた僕らはこの店に
「鳩サブレ」のお店がやってる甘味処

抹茶金時を食べて久しぶりにおでこに「きーーんっ!」

このあと義弟が迎えに来てくれて鎌倉山周辺を解説付きでドライブスルー

小さいけれど「おすすめ」のパン屋やケーキの店で試食用に購入

昔の鎌倉の匂いが残っているようで、文人たちがここに住みついた
気持ちが何となくわかるような気がしました

               (画像は拡大します)
[PR]

by hobasira | 2007-06-22 21:00 | お出かけ

見帰りの滝   

休暇もいよいよ今日まで(「日常」に供えてウォーミングアップしなくっちゃ~!)

今回の休暇は当初の予定が変更になって用事は17日で済んでしまったんですが
決してズルしてるわけじゃなくて、今日まで休みで手配しているので
途中から出勤したのでは周囲に迷惑ではという配慮で・・(ククク苦しい・・)
(「日頃の行い」はどうなんだぁ~?!)

せっかくの休日は活用しなくては申し訳ないので昨日、見帰りの滝へ
市町村合併で唐津市となった相知町(おうちちょう)にあります

c0036203_13565382.jpg有名な場所だしアジサイ祭の最中でもあるので
平日なら大丈夫か?と行って見ましたが

それでもかなりの人で駐車場から少し歩いた所の
滝までの上り専用のシャトルバスも
乗車するには一回待ちくらい

c0036203_13581438.jpgバスを降りた場所にある吊橋

周囲のあちこちにアジサイが咲いています

c0036203_135954.jpg見帰りの滝
見返りでないのが不思議ですが

日本の滝百選の一つで
落差100mと九州一だそうです

昨日はかなり暑かったのですが
さすがに滝壺のそばは涼しくて
見物もかねて人がなかなか途切れません


c0036203_141476.jpg先ほどの吊橋の上からの撮影


c0036203_1421837.jpg更に下流から吊橋を

渓流の両岸にはアジサイがたくさん


c0036203_1431531.jpg渓流沿いに遊歩道が作られ

アジサイと新緑の木々と

渓流を見ながら下ります


c0036203_145571.jpg途中の景色


c0036203_146174.jpg途中にあった旅館で昼食

「きこり弁当」だとか

鮎とヤマメの塩焼きをくわえて


c0036203_1465037.jpgc0036203_1484381.jpg
相知町にくることも滅多に無いかもと、町内の佐里コスモス遊園へ

あじさい・コスモス・サルビア・ブルーサルビアの4種類の花が


c0036203_1410989.jpg遊園に隣接する石釜パン工房

日本中のパンを食べるのが目標の
かみさんはさっそく試食
「ここはクロワッサンが美味しい」と
今朝の朝食のパンとなりました

c0036203_14112921.jpgc0036203_1412677.jpg

鵜殿石仏郡

以前は海底であった地が隆起し、侵食によって洞窟が出来た場所に

806年、空海ガ唐からの帰路立ち寄り、石仏を彫ったのが起源とか

今度この地に来るのはいつになるでしょうか・・    (画像は拡大します)
[PR]

by hobasira | 2007-06-20 14:33 | お出かけ

飛行機からの富士山   

c0036203_18172992.jpg足の悪い義母は遠出しなくなって久しいけど
僕の娘の結婚式で神戸へ行けた事を
とても喜んでくれて自信も付いたみたい

じゃ~逗子へもという事で飛行機で行く事に

無理にならないよう前泊と式後の泊まりとし
飛行機の手配時に車椅子を申し込んでおいて
両方の飛行場で車椅子で送り迎えをしてもらって、とても助かりました
羽田は広いですからね
僕も北九州空港を利用するのは初めて

c0036203_181919100.jpg出発時は小雨模様で

飛行機のゆれが心配でしたが

それも杞憂で順調に飛行

c0036203_18202268.jpg飛び立って40分もするとこの山が見えてきて・・

どう見ても富士山だけど

それにしては早すぎるのでは・・?

c0036203_18214229.jpg更に近付いて間違いなく富士山だ~!

飛行機には時々乗るけど

富士山を見たのは初めてでは?

なんだか縁起が良さそう!

c0036203_18231332.jpgc0036203_18243210.jpg

房総半島を回りこんで九十九里浜の方から羽田へ
ここでも東京湾越しに富士山が迎えてくれました


c0036203_18255665.jpg結婚式もつつがなく終わり

翌日午後の便で北九州へ


ふと窓の外を見ると再び富士山が

c0036203_18272219.jpg
帰りのコースからでは見る角度が異なるので

山頂付近の雪の形が違います

c0036203_182951.jpg
c0036203_18313223.jpg
更に飛行機は富士山に近付きこんな角度で見えるところまで
行きと帰りでは飛行コースが随分違うんですね

それにしても良い天気と富士山とに恵まれた、今回のお出かけでした

 (水平飛行時のデジカメ撮影はOKとの事でした)  (画像は拡大します)
[PR]

by hobasira | 2007-06-19 18:53 | お出かけ

海辺の結婚式   

c0036203_10281816.jpg一週間前からの天気予報はずっと雨だったけど
式当日の16日はこれ以上が無いほどの晴天

日頃の行いが違うからね!って当事者は
もとより参列者の誰もが思ったでしょう(笑

前泊したホテル前のビーチには早朝から
サーファーが三々五々と集まり
右手には江ノ島が、更に右のはるか遠方には富士山も望まれました

c0036203_11483274.jpg

披露宴会場の海側
雲ひとつ無い青空の下に紺碧の海が広がり
前方には右に(南に)伸びる三浦半島が望まれます
c0036203_10384542.jpg

ガラス張りの式場の正面ははるか彼方まで水平線が続きなんとも雄大で素晴らしい

c0036203_10411715.jpgいろんな結婚式に出ましたがこんな式場は初めてでした

地元付近では逗子の式場と言えば
「ああ○○○○ですね」と知られた場所のようです

それにしても晴天でよかった!
晴れてこそ引き立つ場所ですから

c0036203_1155575.jpg式後の花びらシャワーの後で

c0036203_1047177.jpg友人手作りのウェルカムボード

二人ともバイク乗りで
それが縁での出会いとか

これを作ってくれるような仲間が居る事に
親族の一人としてとても安心しました

僕も短いながら心を込めて乾杯係を勤めさせていただきました

c0036203_1051476.jpg披露宴も終盤
デザートを自ら参列者に振舞う新郎新婦

あどけない子供の頃の印象が強く残る甥の結婚式

自分の子供の結婚式とはまた違った思いで
参列し楽しみ、祝う事が出来ました 
 
                          おめでとう! 
                                    (写真は拡大します)
[PR]

by hobasira | 2007-06-18 11:23 | できごと

お天気なんとか   

親族の結婚式に出席するため明日から鎌倉方面へ

当初の予定では式の後に別の親族を訪問したり北関東をうろつく予定でしたが
諸般の事情でそちらは取りやめて戻る事に

二泊三日となったのですが、その間は雨の模様
せっかくなので少しうろつきたかったのに・・・

そして何よりも結婚式の日は晴れて欲しかったけど・・

今年は雨が少なく水不足と酷暑が予想されているので
梅雨入りは良い事で喜ぶべきでしょうが・・

なかなかうまく行かない物です

小雨程度だったらと、いくつかの候補地を検討しているのですが

ひどい雨なら屋内・・って美術館くらいしか思い浮かびませんが

お天気なんとかならんもんでしょうか・・
[PR]

by hobasira | 2007-06-14 19:27 | 日記

高瀬裏川 その2   

絶不調のエキサイト!
昨日この記事を入れようとしていて、あまりに切れまくるので
僕もプッツン!(怒) 止めちゃいました・・改めて・・


c0036203_1814227.jpg裏川の水路沿いに歩いていると
石垣にこのプレート

「高瀬蔵」は京都の町家に似た間口よりも
奥行きが深い構造になっていたそうです

中では押し花と絵を組み合わせた作品つくりの体験教室があってたり

カフェや食事の場所がありました

c0036203_18201761.jpg中を通り抜けて表から見た高瀬蔵

昔の商家の面影です

表側はやや寂れた商店街の雰囲気

一年で一番人が来る時期なのかも

c0036203_18235323.jpg板麩

薄切りの食パンのサイズです

初めて見ました! 勿論食べた事も無い

一時間ほど水につけて
からし菜などと御浸しにすると良いとか

c0036203_18292750.jpgかなり暑い日だったので

このオープン・カフェで
途中で買った柚饅頭と
アイスコーヒーで一息

c0036203_1832596.jpgc0036203_183250100.jpg
再び水路沿いに戻るとお食事処やお茶の場所にも目が行きました

  (画像は拡大します)

6月14日の午前1時から10時までメンテナンスの為にエキサイトがが停止するそうです
いつもそうなので、予定時間よりは長くかかるのでは?
まぁ~それでもチャント動いてくれるに越した事はありませんから・・

[PR]

by hobasira | 2007-06-12 18:55 | お出かけ