<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

台北 故宮博物院   

c0036203_18341811.jpg


故宮博物院は3箇所にあるそうですが

日本と中国の戦争状態の後、国共合作の分裂後に

台湾に70万点弱の歴史的な遺産が持ち出されたそうです

いつか、これらを見たいと思っていたので今回のお出かけに

なにしろ日本が歴史的に多大な文化的影響を受けたと言うかルーツみたいなものだし

紀元前数千年の歴史が確認されているようだし

でも、その辺りの時代の展示はエジプトやメソポタミアについては表示されてなかったけど・・

Wikipediaによる解説はここに

(台北)国立故宮博物院についてのHPはここに

有名な白と緑の翡翠の原石を加工して「白菜」とそれに取り付いてるキリギリスとか

違う色の原石を加工して「豚の角煮」とか・・

凡人の僕には、それが芸術なのか洒落やジョークなのかよく判らなかったけど・・

2時間ほどここに居ましたが、一日中居ても飽きないくらいでしたね

台風のおかげでか来館者が少なかったようで、ユックリ近くで見て堪能できました
[PR]

by hobasira | 2007-11-30 19:13 | お出かけ

台湾は台風下だった (泣   

c0036203_21133742.jpg先日から出かけた台湾へは例の航空機会社で

ロシアン・ルーレットって程ではないけど

チョット心配

c0036203_21164577.jpg台北に着くと

そこは雨・雨・・雨・・・風・風・・風・・・

台風が来てたんです(涙

c0036203_21191054.jpg千と千尋のヒントになったこの地

雨~傘~で・・・

c0036203_21221639.jpg基隆の港が見える高台

観光用の作り物か?

殆んど人が居ない

強い風でここで折り畳み傘が壊れてしまった

c0036203_212524100.jpg翡翠湾に面したリゾート・ホテル(?)から

サーファーが喜びそうな大波(?)

浜辺にはコンドミニアム(?)

c0036203_21292623.jpg雨だったからこそ見る事が出来た風景もあった

バイクがとても多くて

雨でも合羽を着て乗ってる

ピンクの合羽はモチロン女性

足には、はだしでビーチサンダルみたいなのを履いてます

(ぶれぶれのピントですが(苦笑
[PR]

by hobasira | 2007-11-29 21:49 | お出かけ

紅葉の小倉城   

c0036203_16435056.jpg


紅葉の名所はあちこちにありますが

近くにも絵になる景色はあるものだと思いました

c0036203_16473557.jpg

見物の人もチラホラ程度

c0036203_1650658.jpg

所々に家族連れやカップルが腰を下ろして

のどかな雰囲気

すぐ近くで紅葉の中でユックリできる場所もあるんですね


(明日から短期間のお出かけで準備中です)
[PR]

by hobasira | 2007-11-25 16:59 | 季節

豊田・菊川付近   

c0036203_1846470.gifかみさんは

今日・明日が

イベントで

遊んでくれないので

一人で出かけて

この辺りを走っていた

c0036203_18484186.jpg神上寺

標識に導かれて山手に入って行った

真言宗の古刹で開山は1300年前とか

風雪にさらされた木造の山門

いつ頃のものでしょうか

c0036203_18532120.jpg参道の石段は苔がつき丸く磨り減って

c0036203_18555379.jpg本殿まで上ると

明るく広い場所で

紅葉の真っ盛り

下の駐車場が一杯だったわけだ

c0036203_190565.jpgc0036203_1904651.jpg
見上げるばかりの大銀杏  大きな木はいいですね

別の場所には紅葉のど真ん中に

芭蕉の木が

ナゼなんでしょう?
[PR]

by hobasira | 2007-11-24 19:21 | お出かけ

小雨の長門峡 その2   

(昨日はいい天気だったな~午前中は雲一つ無く・・仕事だったけど・・)

c0036203_21143274.jpg一昨日は小雨の中、長門峡を歩いた

道の駅に車を止め洗心橋を渡る

右手前方の二つの小山の間の
渓流沿いの遊歩道を歩きます

竜宮淵まで約5kmの遊歩道

c0036203_18412428.jpg
c0036203_18423219.jpg
橋を渡り右に進むとすぐに中原中也の歌碑がある

そして遊歩道の入口がすぐに

右側の建物は鮎料理の店
簡素な建物でコースは良いお値段だけど、なかなかです

c0036203_18491336.jpg渓流の両岸がそそり立ち

木々の間に紅葉の混じる景観

下流に向かって左側に

狭い遊歩道があります

c0036203_1854444.jpgc0036203_18565058.jpg渓流沿いの
遊歩道

手すりもあったり
無かったり

恐い感じは無いけど

好天の日には
かなり込み合います

c0036203_192758.jpg以前は手すりはモチロン

舗装も無く

むき出しの岩や

土の間からゴツゴツと石や岩が出て

歩きにくかったけど

随分良くなりました

c0036203_20301459.jpg遊歩道の中間点近く

3km程の地点の唯一の食事場所

鈴ケ茶屋

河原に桟敷が作られて居るのが

木々の間から見える

c0036203_2105767.jpgc0036203_2114310.jpg
桟敷の中には灯油ストーブが焚かれ暖をとる

渓流と紅葉、自然の過ぎ行く季節を食事と一緒に楽しむ

c0036203_2164174.jpgc0036203_2173415.jpg
鮎の塩焼き定食と鮎雑炊

いつものように半分づつ食べて交換

食事の間にも雨が降ったり止んだりだったが

終わった頃には上がってしまい
客も僕らだけで、ここから引き返した

竜宮淵まで行くと11月中はシャトルバスが利用できる

c0036203_21191311.jpgc0036203_21202218.jpg帰りは日が射して来て

紅葉が綺麗に

渓谷の道なので

高い場所にしか

光が当たらない

やっと晴れて来たのでもっと居たかったけど、オババの迎えで、時間切れ

ここは紅葉のハイシーズンで晴天を望むならウイークデイでないと大変かも・・
[PR]

by hobasira | 2007-11-18 21:41 | 季節

長門峡は雨だった(泣   

c0036203_18331411.jpg


近場の紅葉の盛はこの頃か?と前もって今日を年休にしておいた

天気予報では曇りのち晴れで更新される度に晴れる時間が次第に遅れていく

休みを取ったからには「行かずばなるまい!」と曇り空の下をイザ出発!

曇り~小雨が繰り返す中を長門峡へ・・
「大丈夫! アトからは晴れだから・・」と自分に言い聞かせながら

c0036203_18442719.jpg

長門峡の道の駅に車を停めて歩き出すと

ポツリ パラリ パラパラ バラバラ と雨が・・・

慌てて車に戻り傘を持って「ここまで来たからには、行かずばなるまい!」

渓流沿いの遊歩道の上にはヒサシの様に木々の枝が重なっているが

傘をたたんでみるとかなり濡れる

紅葉・黄葉はかなり進んでいて、晴れていたらさぞかし・・だけど

c0036203_19102271.jpg


進むうちに雨は小降りから止んでしまい傘は必要なくなったけど煙っている

独特の地形で渓流沿いに細い遊歩道を歩いて紅葉を愛でるこの地

晴れた休日なら立ち止まるのも一苦労な場所

殆んど貸しきり状態で歩き、あまり人の見ない小雨の中の紅葉を堪能(負け惜しみ 笑

続きはまた後日に
[PR]

by hobasira | 2007-11-16 20:24 | 季節

ボージョレ・ヌーヴォー  ゲット~!   

c0036203_17582370.jpg今日は愛好者には楽しみな

ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日

職場の同僚の机の上にワインの瓶が数本

「おっ!ボージョレ・ヌーヴォーかい?」

同僚「貰い物ですが殆んど飲まないので一本どうです?」

人の好意は無にしない正直な(?)性格なので

一本いただきました

そしてこれは、やはり今日飲まなきゃいけないでしょう!

う~~ん! フルーティ~~!

       (何かお返ししなくっちゃー!)
[PR]

by hobasira | 2007-11-15 18:10 | 季節

五家の荘の紅葉 その2   

五家の荘の上り口の砥用(ともち)から細い曲がりくねった道を二本杉へと登って行く

離合が困難な場所も沢山あり紅葉のピーク時には一度つかえると
双方の後ろに長い列ができて解消に整理役が必要になったりする

一昨日も路肩の崩れた場所やがけの一部が落ちてきた場所もあり
4トン車以上やマイクロバスは通行禁止の表示があった
(でも何故か下って来るトラック2台とすれ違ったけど・・笑)

バスがいなかったおかげで離合もそれほど大変じゃなかった

山道を登るにつれて紅葉がはっきり見て取れる

c0036203_1747870.jpgc0036203_1748977.jpg

c0036203_17492118.jpg二本杉の駐車場脇では

銀杏もすっかり黄色くなっていた

時間がないのでオニギリと

串焼きを買って食べながら進む

紅葉はあたり一面に広がっており撮影場所を選ぶ必要もないくらい

c0036203_1751748.jpgc0036203_17514846.jpg

c0036203_1752472.jpgc0036203_17533268.jpg

梅ノ木轟への吊橋の上からの両側の眺めと滝

c0036203_17545655.jpgc0036203_17554993.jpgc0036203_1757456.jpg

晴天・紅葉の盛・見に行ける日・・それらが合うタイミングはなかなかで
思い出に残るような久々の五家の荘の紅葉を堪能でした

時間がないので人吉には抜けず宮原へと山越えをしたが
途中で土砂崩れで全面通行止め(昔は珍しくなかったけど・・)

迂回路は更に別の山越えでかなり時間を食った

帰り道でガソリンが乏しくなったので高速のGSに補給に立ち寄った

「前輪の片方が空気が減ってますね~」と点検していたGSのスタッフが
刺さっている釘を見つけた

c0036203_1815288.jpg「危ないところだった~!」

すぐに修理をしてもらって急ぎ帰る

オババの迎えがちょっと遅れた

昨日、早速点検に出しタイヤ4本を交換
少なくない出費だったけど安全のためにはやむをえないか(苦笑

                     (画像は拡大します)
[PR]

by hobasira | 2007-11-12 18:22 | 季節

五家の荘はほぼ見頃   

c0036203_18503950.jpg

ヤマメ釣りにハマっていた頃のホームグラウンド 五家の荘

今日は時間的には少し無理があったけど「この晴天に行かずには・・」と

梅の木轟(とどろ=滝)に続く高い高い吊橋

c0036203_18553621.jpg


吊橋の上から二本杉方面に向かって

久しぶりに晴天の下で五家の荘の真っ盛りの紅葉を堪能!

いろいろハプニングもあったけど大満足!

 (続きはまたあとで)
[PR]

by hobasira | 2007-11-10 19:00 | 季節

21世紀の森   

c0036203_18245352.jpg国道9号線を北上し

山口バイパスを走っていると

「21世紀の森」への道路標識がある

以前から気になっていたので行ってみた

c0036203_18315654.jpg昔の萩往還道に沿う細い道を行くと

標高511mの標識のある場所に

上の写真の施設・駐車場があった

施設を右から回りこむとトリムコースの入口

c0036203_18375563.jpg一周1kmのアスレチックコースらしい
c0036203_18414944.jpg迂回していく道もあるけど

鎖場も作られていた

c0036203_18442080.jpg
少し登った場所にある展望台のような場所から

少しずつ黄色くなったり赤くなったりしている木々が目に付く



それにしてもどこが? 何が? 「21世紀の森」なのか?? でした

1981年に作られ昨年から民間の管理になっているとか

例のパターンなのかな~?!
[PR]

by hobasira | 2007-11-03 19:16 | 日記