<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

梅の便り   

c0036203_20341374.jpg

c0036203_20351076.jpg日曜に皿倉山から降りて

中間の「野うさぎ」に昼食を食べに

この辺りは初めてで

フムフムでした

c0036203_20463636.jpgレストランを出てフト前を見ると

トップの写真の梅が目に

道路を渡って近寄る

早い時期なので殆んどが紅梅

c0036203_20495689.jpg梅安天満宮

中間にこんな所が有るのは

知らなかったな~

c0036203_20541714.jpg宮社は少し高い所にあり

眺めは良いが無人の社

大宰府の梅や菅公との関連も深いよう

c0036203_2112132.jpg社殿の前の両側に

一対の石の鷽の像がある

鷽替え神事によるものとか

この鷽の頭をなでると頭が良くなるとか

今更だけどボケ封じの意味も込めて
両方の鷽の頭をなでてきました(笑

   梅安天満宮についてはここに
[PR]

by hobasira | 2008-01-30 21:12 | 季節

皿倉山のスロープカー   

c0036203_18544590.jpg


以前のリフトに変わって昨年末の12月28日より運行が始まった、このスロープカー

予定ではもっと早くできるハズだったが山頂付近の岩盤が硬く手こずったとか

c0036203_1904681.jpg土曜に続き昨日も陽射しのある良い天気で

帆柱山の近くにあるものならば

視察しておかねばと出かけた(笑

軟弱者なので登りはケーブルカーで

はるか号とかなた号

ブルーのかなた号で

c0036203_1965938.jpgケーブルカーは天井もシースルーで

眺めはなかなか良く

途中で黄色のはるか号と離合する

c0036203_1994348.jpgケーブルカーからスロープカーへ乗り換える

内部は箱そのもの

眺めはとても良い

3月一杯まで半額の片道100円

c0036203_1915697.jpgスロープカーの終点には

広いロビー状の建物があり

ここも展望と休息の為にあるようだ

男女の別の無いトイレ(各個室)があり

とても広い

c0036203_1918393.jpgc0036203_19191687.jpg山頂付近には

雪が残っていて

ちょっとビックリ!

いつ降ったのだろう?

c0036203_19213699.jpgc0036203_19222194.jpg
左は権現山 皿倉山より少し低いがアンテナも何本か立ってる

右画像の中央が帆柱山 権現山よりかなり低く我が家からは見えない
               (以前に白状済みです 笑

下りは歩いてふもとの駐車場までくねくねと

思ったよりも時間がかかって1時間ほど

手袋をしていても指先が冷たい気温だったけど風が無くて助かった

皿倉山も歩いてみると発見の多い場所です
[PR]

by hobasira | 2008-01-28 19:51 | 日記

白野江植物公園 08/01/26   

c0036203_20481640.jpg昨日は昼食後には陽が射して来て

気温は低いものの風も無く

これはどこかに行かねばと白野江植物公園へ

入口近くで冬ぼたんがコモを被って迎える

c0036203_20524466.jpgc0036203_20542494.jpg紅梅が

一本だけ

かなり花を

つけていた

c0036203_2114841.jpgc0036203_2123489.jpg素心蝋梅と
和蝋梅

蝋梅は英語では
winter sweatとか
なるほどね

c0036203_2155741.jpgc0036203_216322.jpgシコンノボタン
数箇所に

スイセンも
まばらに咲いて

c0036203_2183521.jpgスイセンがまばらに咲く

急勾配の階段を登って

山頂・見晴台へ
c0036203_2113522.jpg見晴台からは

遠くまでクッキリの景観

数日前の雨で空気が洗われてる

やがて黄砂の季節がやって来るけど
[PR]

by hobasira | 2008-01-27 21:27 | 季節

アース   

c0036203_18554620.jpg

   (この画像は映画「アース」HPよりお借りしました)

イギリスBBC制作映像を劇場版にまとめたもののようだ

動物や自然のドキュメンタリーものが好きでNHKーBSでこの種のものをよく見てる

映画の中ではTVで見たものも幾つかあった

奇跡の惑星 地球は太陽を回る公転軌道に対して地軸が23.5度
傾いているからこそとのナレーションで始まる

北の北極から始まり南極へと生き物を追っていく

白熊の母親が2頭の小熊を連れて氷が溶けつつある海へ行く話や

砂漠の中のオカバンゴに雨季だけにできる湿地帯へ象などが長い旅を続ける話
途中でライオンが象を狩る場面や

アネハヅルの8000mのヒマラヤ山脈越えなども

他にもいろいろあって、TVで見たのを思い出したり

TVでは一つ一つの話で区切られてるので、そちらの方が詳しい

ただ映画館では比べようも無い大画面と音響なので迫力は凄い!

最後は掛け替えの無い地球を守ろうとのメッセージで終わる

「エコ」って流行り言葉のようになってるけど自然や生き物が素晴らしい
それらを心から感じてからこそ「エコ」の持つ意味は大きく大きくなっていくのでしょうね

                        (「アース」の公式HPはここに



c0036203_2039138.jpgランチはここサンテミリオンで

オードブル、カキのリゾット、デザートおいしかった

      お店のHPはここに
[PR]

by hobasira | 2008-01-26 21:04 | 日記

卵のふわふわ   

c0036203_1882235.jpg宇江佐 真理

(副題?)八丁堀喰い物草子・江戸前でもなし

主人公ののぶの夫は八丁堀の隠密同心

のぶが惚れて一緒になったが、まだ子が無い

偏食の強いのぶと真面目だが偏狭な夫

舅・姑とはうまく行ってるが夫とは隙間風

「秘伝 黄身返し卵」 「美艶 淡雪豆腐」
「酔余 水雑炊」 「涼味 心太」
「安堵 卵のふわふわ」 「珍味 ちょろぎ」

各章で料理・食べ物を題材に時代小説と
心の通わなかった夫婦の話が展開される

時代小説が流行り、それにグルメ味を付けたものか

読み進むうちに題材の食べ物が食べたくなったり

なかなか面白く一気に読んでしまった
[PR]

by hobasira | 2008-01-23 18:58 | 日記

麺類争奪戦   

僕の職場では幾つかの部署に昼食にまかない飯みたいなのが出る

全員の分を用意してくれると良いんだけどナゼか二人分だけ

「取りが勝ち」で誰にも平等の(?)権利

平日は、いわゆる定食風だが土曜は麺類と決まっている

平日には「まかない飯」が売れ残る事も有るけど(無料ですが)
土曜だけは別で麺は一瞬で売れてしまう

麺好きが数人居て虎視眈々とコレを狙っている

僕は平日は(愛妻)弁当を持って行くが土曜日出勤の時だけは別で
争奪戦に加わるメンバーの一人

麺類が届けられる時間には10分くらいの幅がある

一方で仕事の流れでその時間にそこに居られない事もままある~運しだい

ありつける確率は2~3割か?

先日は「ゲット~!」と思って箸を取って振り向くと
同僚がどんぶりのふたを取って所有権を主張していた・・・

むむむむむ~! 大人気ない事も言えないので黙って箸を戻す(ククク


その教訓を生かして今日はまず蓋を開けてから箸を取りに・・ニヤリ

せこい話だけどなんとも言えずに楽しい争奪戦
[PR]

by hobasira | 2008-01-19 19:06 | 食べる/飲む

門司港にて   

少し朝寝坊をして起きて見ると真っ青な空の晴天!

この時期どこにお出かけすべぇーと考えてもまとまらず取り合えず下関へ

ところが下関の市内中心部は凄い渋滞! 何でだったんだろう? 成人式?

下関を諦めて門司港に戻ろうとするもトンネルに通じる道も大渋滞!

一旦は並んだものの列から離れてもう一度回って関門橋を渡った

c0036203_21184822.jpg


和布刈神社前の海には釣り船が目の前に近付いていた(対岸が下関

c0036203_21205954.jpgc0036203_2121488.jpgc0036203_21233885.jpg
ランチをここで。 関門タコのスパゲッティー! 蛸壺に見立てた容器から!

ピザにはスプーンに乗っているワサビの茎を芥子代わりにのアイデア

お店に入った頃には客も多かったけど次第に減って
隣のテーブルの若いカップルと二組だけに

テーブルの隙間は30cmくらいなので聞くともなしに否応無く話が聞こえてくる

僕の隣に居た30前くらいの男性は医者でその相手はなかなかの美形で
「先生」とか「・・・ですか」で夫婦ではなさそう

食べ物や旅行とかの話の間に海を見ながら
 「僕はキミのパイロットになろうかな~!」と言うと
彼女 「どこに連れて行かれるのやら」

笑をこらえるのに必死な僕ら

言えなかったけどチョット忠告してあげたかったな~

プロポーズなのかどうかわからんような言い方はダメだよって

 「大切な話があるんで聞いて欲しい」
彼女 (来た来た)「はい!」(心の準備が要るし、それなりの答を考える猶予が必要ですよ

っと言うのも余計なお世話! 頑張ってね!

c0036203_21431364.jpg少しレトロ地区を回って帰って来ました
[PR]

by hobasira | 2008-01-14 21:47 | お出かけ

どんど焼き   

c0036203_215434.jpg

今日はどんど焼きで注連縄や破魔矢を持って行った

c0036203_2192541.jpg会場には人がかなり集まっていた

寒い季節には焚き火の周りには

何となく安らぎや連帯感みたいなのが

c0036203_21134978.jpg会場では30代のお父さんやお母さんが大奮闘

子供会の人達が頑張ってる

懐中電灯で照らしながらの
振舞い酒
しっかりいただきました(酒
少しカンパして

c0036203_21335100.jpg
無料でぜんざいも振る舞われていたけど
夕食前でパス

どんど焼き運営担当者の皆様
お疲れ様です!
こんな景色を毎年見たいものです

c0036203_2124385.jpg会場から八幡宮に上ると

人影は少ないものの

セルフサービスのお神酒と甘酒?!(笑

ここではお賽銭を上げて戴いて来ました

これで今年の正月も終わり、一つの区切り

もうすぐ来年のお正月が来るかな(笑
[PR]

by hobasira | 2008-01-13 21:41 | 伝統/風習

筥崎庭園 冬牡丹   

c0036203_19565035.jpg福岡市東区にある日本三大八幡宮の一つ
筥崎八幡宮参道脇にあるこの庭園

正しくは「神苑花庭園」

6日(日)は晴天だったけど「この時期どこに?」
花が咲いてるのはここかな?で

c0036203_2053968.jpg入口の脇には酒樽に牡丹が

「冬ぼたん」とある

寒ぼたんじゃないの?

調べてみると同じ事(笑

c0036203_2091952.jpgお馴染みの形

主観的には盆栽に通ずるような

日本人ならではの感性でしょうか

温かそうな花たち

c0036203_20155470.jpgc0036203_20164114.jpg
コモを被った牡丹がそこここに広がっている

c0036203_2055169.jpgかたわらでは

紅梅が蕾をビッシリ着けて

出番を待っている


c0036203_20193648.jpgそんなに広い敷地じゃないけど

うまく通路が作られていて

牡丹を中心にした植物が楽しめる

ここで福寿草の苗を買って来たけど
チャント咲いてくれるかな?!

                            筥崎宮のHPはここに

c0036203_20232813.jpg筥崎宮への往きと帰りに寄ったけど
待ち時間が長そうで諦めて帰った

評判のパン屋さん「フルフル」

日本中のパン屋征服をもくろむかみさんは
昨日、妹と再度おもむきしっかりゲット!

たしかに評判になるだろうな~という
味と工夫とリーズナブルなお値段でした
                          お店のHPはここに

追記
その後調べてみたところ
寒牡丹は春に付いた蕾を摘み取り夏には葉を摘み取り
コモをかぶせて冬に咲かせるもので
冬牡丹は本来春に咲く品種を温度管理をして
冬に咲くようにしたものをいうそうです
見分けるには開花時に葉が無いのが寒牡丹であるのが冬牡丹だそうです
[PR]

by hobasira | 2008-01-08 20:44 | 季節

2008年一週目   

お正月を迎える準備、年賀状・・etc

子供達が帰って来て楽しい時をすごし、そしてそれぞれの地に帰って行った

あっという間のお正月でした

昨日から仕事が始まり今日で一週目の終わり

大部分の方が同じようなのでしょうか

原油の高騰、円安、それ以上のドル安、株価の大幅下落

世界はどうなって行くのか不安な今年の幕開けでもありました

c0036203_22175363.jpgでも自分の足で前に歩くしかない私達

前から気になっていた職場用の靴が
なかなか見つからなかったけど
今日コレに呼び止められた気がして求めた

ラケットメーカーのウォーキングシューズ
これで一歩ずつ歩いていこう今年も
[PR]

by hobasira | 2008-01-05 22:27 | 日記