<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

キュウリ   

c0036203_1924374.jpg


五月の初めに買って来てプランターに植え替えたキュウリが実をつけている

我が家の庭で食べごろになったキュウリを収穫して思い出したのは

キュウリの表面はひどくはないけどトゲトゲがあるんだった そうだった・・

これはたしか5本目だけど、この子は家主に似たのか(?)ヘソ曲がりと言うかツムジ曲がりと言うか・・

「り」は少し黄色くなってたキュウリの葉の茎です
[PR]

by hobasira | 2009-06-30 19:58 | 日記

周防阿弥陀寺   

今年のアジサイは大原三千院で少し見ただけ

木や花も小さくまばらにあっただけ

日本有数のアジサイのある周防阿弥陀寺へ義妹と三人で

まずは下関の「凛」で蕎麦を食べ唐戸市場でタコを調達 (夏のタコは美味しいですからね~

c0036203_21592594.jpg書の品を売る店に立ち寄った時

かみさんが呼び止められた

一輪挿し

今はダイニングに座ってる

c0036203_2232512.jpg


山の中腹近くにあり木々もたくさんある中の寺院

c0036203_2294449.jpg


こんな中を進むんだけど木々が大きいので小さく見えるけどアジサイは立派な大きさ

c0036203_22124686.jpg有数の大きさのヤマモモ

脇道を上って行って

少し入った場所に

c0036203_221623100.jpgc0036203_22184731.jpg

ヤマモモの実がビッシリ付いていてポトポトと落ちてくる

それを拾って帰ってジャムにしようかと・・

c0036203_22231721.jpg


初めて見た夏椿  幹はサルスベリに似てるし、葉は椿の肉厚さではないが椿の仲間

c0036203_2227267.jpgc0036203_22281990.jpg

ここには80種以上のアジサイがあっていろんな花が見られる

右のアジサイの花びらは一枚が500円玉くらいの大きさがある

c0036203_22334936.jpg


c0036203_22345266.jpg


c0036203_22374895.jpg


c0036203_2238532.jpgここでは絵馬の代わりに

瓦が使われてた

こんなの他にもあるのかな?

c0036203_22413471.jpg


帰り道にもあらためて良い景観の阿弥陀寺とその周囲の雰囲気
[PR]

by hobasira | 2009-06-28 22:44 | 季節

三日目は大原三千院へ   

前夜に一冊読み終えたので、この日も遅めに起きて朝食を済ませ、さて、今日は?

外は曇天で雨が来るかもな空模様

う~ん・・京都に行くか

かみさんが学生時代に一人で行った大原三千院をリクエスト

新大阪ー京都間は「新快速(普通料金)」で25分(途中、高槻で停まるだけ)

新幹線だとその半分に近い時間だけど大して変わらない

c0036203_17555145.jpg京都駅から市バスで大原へは一時間余

初めの辺りは駅周辺の渋滞 

これはこれで幹線道路の脇道を見ながら進むので悪くない

三条では鴨川に川床桟敷も見えた

う~ん、これを考えてなかったな~

次の機会には川床料理を楽しみたいな

京大の付近を過ぎた頃からは短い距離で頻繁に停車場がある

その先に進むと京都と言えど北九州近郊の農山村的な風景と大差ない

ただ、そんな風景の中でも家の数は京都近郊のほうが多かったような

c0036203_17581325.jpg大原のバス停に着いたらまず腹ごしらえ(笑

冷や奴定食 94歳のお婆ちゃんが

注文を取りに来て、暑くなった~!って

c0036203_180684.jpg三千院へ登る道筋は両側に漬物屋を

中心とした店が立ち並ぶがシソの畑もあったり

かみさんが学生の頃はそんなものは無く

むしろ寂しい感じの地域だったとか

僕も中学か高校の頃にここに

来ているんだけど殆ど記憶がない

c0036203_1872066.jpg


三千院の門をくぐると更に参道にお土産屋が並んでいるけどスルー

c0036203_18101165.jpg


c0036203_1811109.jpg


c0036203_18121158.jpg


c0036203_18125476.jpg


c0036203_1814171.jpg


c0036203_1814525.jpg


c0036203_18153445.jpgわらべ地蔵は可愛い

その傍の標識にモリアオガエル

例の泡の塊が傍に落ちてた

鄙びた山里の中に京都らしい雰囲気の地

紅葉の季節は車の渋滞で

帰るのも大変らしい


昔は牛車に乗っての移動だったろうから京都の中心部からでは一日がかりだったろうな~

それに引き換え、今は夕方近くまで京都でうろついて新幹線でビールを飲んでれば

北九州に戻って自宅で夕食を食べられるんだから便利なものです
[PR]

by hobasira | 2009-06-26 18:44 | お出かけ

梅田で二日目   

旅行の鉄則は早寝早起きだけど初日は昼間の暑さで最低限の行動

そして夜遅くまで小説を読んで二日目も遅い朝起き

この日のホテル、中の島のRに荷物を移してロビーで久しぶりに息子の一人と待ち合わせ

大阪の現代的な部分や歴史と猥雑な雰囲気の取り合わせは結構好きなんだけど

暑さが苦手な僕には今年初めての30度以上の直射日光の射す路上を楽しむ気になれず

屋内で何とかと大阪市立東洋陶磁美術館へ

c0036203_18281214.jpgc0036203_18312381.jpg

朝鮮半島の陶磁器、それを日本に紹介し保存・再興に力を尽くした浅川伯教のことなど

朝鮮の陶磁器のルーツであったような中国の作品などなど

その時代の陶磁器製造の道具や環境を考えながら見ると凄いもんばかり

思わず見とれているうちに腹ペコになって付属の喫茶で簡単な昼飯  東洋陶磁美術館のHP

三人でさて次はと考えたが暑い場所を歩きまわりたくないし

これ以上の博物館も・・・だしで結局、映画にでもと(笑

梅田のシネコンに行って時間が合ってたので「天使と悪魔」を

「ダヴィンチコード」に続くものらしい

テンポの良い展開のような感じなんだけど時間を短くするためか?ちょっと無理な進行のような感も

最後のどんでん返しで全体が引き締まったけど・・

それにしても、わざわざ大阪まで行って映画を観るかな~(苦笑    天使と悪魔のHP

c0036203_18461417.jpg夕食も梅田のイタリアンの店に行ったが

店内はあいにく予約で一杯で

オープンテラスに座ったが

風が涼しく適度に雑音が入って

却ってこちらの方が良かったようだ

c0036203_18523541.jpgホテルに戻り鍵を受け取ると

「本日は当方の都合でスイートを用意しました」と

広くて新しく設備もなかなか良くって

ちょっとハッピー!

(戻って調べてみると10万近いお値段)

c0036203_1914841.jpg部屋からの中の島の眺め

ところで僕はホテルのスイートはなんとなく

sweatと思っていたけどsuiteが正しい

別の偶然で知ったのですが(汗
[PR]

by hobasira | 2009-06-22 20:28 | お出かけ

梅田でぶらぶら   

一か月前に何となく弾みで先週の後半に休暇を取ることにしたが

休暇の過ごし方は何もアイデアのないままにズルズル過ぎた

土壇場になって大阪でぶらぶらする事にした

休暇の前日夜のギリギリの時間に旅行社で新幹線と梅田界隈のホテルを手配

ここのところ、お出かけの準備がいい加減になってるような感がある

何故なのか? 推測できる部分と解らない部分と・・

出発の朝は遅めの時間にしてたのに「のぞみ」に乗り遅れて次の便の自由席で大阪まで

座れたから良かったようなものの・・

お出かけというのに気合が入ってないな~

c0036203_18394116.jpg新大阪から梅田に行き

駅から歩いて5分の場所のMホテルへ

荷物を置きにチェックイン

そこまで歩いただけでかなり暑い!

ビルの8Fの屋上中庭(?)にある

結婚式用の教会

周囲をコの字形に宿泊室が囲む

c0036203_1844535.jpg公表される気温以上に地上は暑い

都市部の気温にすっかり閉口

大阪・兵庫の境に住む

娘のところへ短時間の用足しののち

ホテルに戻って一息(ふ~っ

日没後に近くに出かけて

大阪ならまずこれかな?とお好み焼きの夕食

満席の店内の大阪らしい雰囲気

使い込んだ鉄板や

「青のりついてまっせ」って書いた手鏡が

各席に置いてあったり

そして安いお値段でお腹一杯に!
[PR]

by hobasira | 2009-06-21 20:46 | お出かけ

別府周辺で   

先日、由布川峡谷へ行ったついでに周辺の場所にも立ち寄ってみた

c0036203_2013773.jpg


志高湖は周辺がサラリと手が入っている程度で作り物が少なく良い雰囲気

鯉に餌をやっていたけど大きな鯉がバチャバチャと寄ってきたので怖がって逃げる女の子(笑

c0036203_2063630.jpgc0036203_2074125.jpg

志高湖と神楽女湖とは歩いても1.5kmくらい(?)の距離

当日はイベントの日だったようで人がえらく多かった

c0036203_20134658.jpg別府駅で簡単な昼食

本当に久しぶりに立ち寄ったので

周辺を歩いてみると昭和な風景

どうも営業しているような「旅館」

c0036203_2018236.jpg

レトロな雰囲気の木造家屋

c0036203_20201372.jpg別府駅に隣り合って

ガード下のスペースがスーパーだった

内部はかなり細長いが

暑くなっていたので通路には便利

c0036203_20232365.jpgc0036203_20242941.jpg

ガード下のスーパーを抜けると「駅市場」がある

内部はこんな感じだけどシャッターの降りてる店も多かった

c0036203_2030665.jpgガード下の市場の裏側

一大観光地・別府の玄関口だった地の周辺

昭和から平成へと移り変わってか・・

c0036203_20375675.jpg


帰りに犀川を通り抜ける途中にたくさんのカカシ!

おまけにキンコン~カンコンと音もする

c0036203_2041426.jpg


例によって犀川米を買いに立ち寄ってみた場所の前の川は、おおむね工事が終わってた

自然の川をかなり掘り返していたので、どうなるやらと気になっていたが

この程度ならまあまあかな?!
[PR]

by hobasira | 2009-06-17 20:58 | お出かけ

由布川峡谷   

c0036203_18252898.jpg


以前に神楽女湖へ行った時、由布川峡谷の猿飛の吊橋まで行ったが峡谷へは降り口が分からなかった

一昨日にもう一度由布川峡谷まで行ってみた

北九州から10号線沿いに南下し宇佐から自動車道に乗って別府ICで降りる

県道11号を城島高原方面に向かい鶴見岳に昇る別府ロープウェイを過ぎて

しばらくした鳥居とGSのある交差点で直進と左折(志高湖・神楽女湖方面)の

中間にある県道52号へ左前方に入る

ところどころにある「由布川峡谷」の標識に沿って進み

c0036203_18294196.jpg
深い峡谷に架かる高い橋を渡る

c0036203_18384323.jpg橋を過ぎて少し行くと

「椿入り口」に降りる細い道路を示す標識

由布川峡谷へは三つの入口があると聞いていたが

三つ目の入口はグリーンのテープで隠されていた

どうやら通行できないらしい

c0036203_20403444.jpgその先には10台余は停められそうな

駐車場があり案内図や解説がある

c0036203_20425464.jpgc0036203_20442997.jpg

駐車場からの谷への降り口は洞窟の入り口のような感じに見え杖も置いてある

解説板によると由布川峡谷は東洋のチロルと言われているとか

ここの案内板でも峡谷への入口は二つだけ

c0036203_20532513.jpg下り道は緩やかでこんな感じ

でも帰りの登りはちょっときつかったけど

c0036203_20551919.jpg


いよいよ谷底の流れが見えて来る

c0036203_20575441.jpg


浅い流れのゴロタ石に沿って歩けるのは30m前後

さして深くない水の中に入ればかなりの距離を移動できそうだけど・・

c0036203_2103956.jpg


c0036203_2114171.jpg


解説にあった「東洋のチロル」ってのは・・・だけど

峡谷への下り上りですれ違った人はほんの数人だけ

静かな幽玄の世界のような景観でした
[PR]

by hobasira | 2009-06-16 21:13 | お出かけ

生月島へ   

c0036203_1974410.jpg


生月大橋  (平戸の方からの画像) 一週間前に平戸に続いて生月島へ

c0036203_20272134.jpgc0036203_20282565.jpg

生月大橋は現実的な構造で色の選択は少し変わっているような・・

生月島の道の駅からの光景も

c0036203_20391593.jpg


c0036203_2040189.jpg


塩俵の断崖と玄武岩の柱状節理  大海原にアクセントな光景

c0036203_20505844.jpg大バエ灯台

生月島の北端にある大バエ鼻に立つ

無人灯台のようだが

灯台に上るとはるか西の方に

五島列島が見える

c0036203_20573123.jpg


灯台から南を振り返った光景   海 崖 木々 草地 ・・

世界を知っているわけではないけど、こんな光景って多くはないのでは

c0036203_2124346.jpg


大バエから北北西の方角に大きな岩場のような鯨島とその先の風力発電塔の立つ的山大島
>
c0036203_217551.jpg


生月島の西岸の大部分はこんな光景でサンセット・ウェイと名が付いている

ここからの日没を見たかったが家まで300km走らねばならず(苦笑)次の機会に・・



北九州から日帰りで平戸島~生月島に先週行ったけど良いところだった

18年近く前に生月大橋ができたんだ  できたのは知ってたけど、そんなに前だったのか・・

長崎県北部の最西端を実感する風景と雰囲気だったなぁ~!
[PR]

by hobasira | 2009-06-07 21:32 | お出かけ

平戸へ その2   

c0036203_18142930.jpg


ほへぇ~ やっと画像がアップできるようになった~!

5/31(日)に平戸方面へ出かけたけど思った以上の距離で往復600km!

当日のブログはすっかり眠くなったので平戸教会の写真でお茶を濁してたけど

翌日からは何故か画像がアップできないようになってしまって・・


本日のトップはその時の平戸大橋

c0036203_18543360.jpgc0036203_18551949.jpg

道の駅 「昆虫の里たびら」

入口に巨大なカブトムシがいるんだけど道の駅の中は何も昆虫はいない?!

思うに「昆虫がたくさんいる田平という土地にある道の駅」と言う事でしょうか?

c0036203_1973959.jpg平戸大橋を渡り平戸島に入ると

すぐに平戸城が見える

城の北側はすぐ海で

今時少なくなった澄み通った海水

c0036203_21102544.jpgちょっと異国情緒風の

商館通り

英国商館跡の石碑の隣のパン屋

例のごとく数点購入

c0036203_2127165.jpgc0036203_21282016.jpg

昼食のために休日は無料開放されてる平戸市役所の駐車場に車を置いて

鏡川に架かる石造りの幸橋(別名オランダ橋)を渡る

橋の一方には門があり以前は平戸城に続いていたのだろうか

c0036203_21321077.jpg川からは海の匂いがして

橋のたもとでは

20cm以上のボラがこんなに群れてた

こんな光景も昨今は珍しくなった

c0036203_2201693.jpg橋の向かい側にある

平戸チャンポンの垂れ幕にひかれて

この店に入った

店内は外観より地味だけど

イチローやタレントのサインがたくさん

c0036203_224364.jpgc0036203_2254747.jpg

左のオランダ・チャンポンはチーズ風味でトマト味も混ざってる

右の平戸チャンポンはカツオとアゴだしのスープだったのかな?

どちらもボリュームたっぷりでお腹一杯に

c0036203_22245668.jpgc0036203_2226733.jpg

c0036203_22461945.jpg

平戸教会とその内部

フランシスコ・ザビエル像の立つ前庭から海や島々が見渡せる

c0036203_22513113.jpgc0036203_2252373.jpg

平戸教会のすぐそばに「教会と寺院の見える風景」という坂道があった

敷地は隣り合ってるんだけど高低差がかなりあるので坂道を下ると両方が見える

平戸には随分前に一度行ってるんだけど、その時の印象はあまりなかった

今回行ってみて「いいところだ~!」の感想   またいつかきっと行くでしょうね!

それから生月島に行ったけど、それについてはまた次に
[PR]

by hobasira | 2009-06-04 23:17 | お出かけ

エキサイトのトラブルか?   

ここ数日エキサイトに画像をアップできない日が続いてる

基本スタイルがお出かけ絵日記なので画像を出せなきゃ仕方がない

画像をアップロードするための「参照」ボタンを押しても次の段階が出てこないまま

当方の問題か? エキサイトの問題か? たぶん後者だと思うけど・・
[PR]

by hobasira | 2009-06-03 21:07 | ブログ関連