タグ:平尾台 ( 9 ) タグの人気記事   

求菩提へ  その2   

c0036203_18111376.jpgc0036203_1812739.jpg

求菩提キャンプ場付近を散策後、更に奥に進むと

犬ヶ岳登山口に二軒の食事の場所がある

そのうちの一軒「ふきのとう」でヤマメの塩焼きと茶そばで昼食

以前、数年続けて連休に一家8人で来ていた場所

c0036203_18223743.jpg昼食後は求菩提山に向かい

新しくなった県道32号線を進むと次郎坊峠

求菩提山が標高782mだから

山頂まではきつい上りがまだ200mくらい

c0036203_1831477.jpgc0036203_18322452.jpg

峠を下って行くと、鬼の雁木の滝  ちょっと水量が少なめだったけど

c0036203_18424973.jpgc0036203_18434211.jpgc0036203_18443526.jpg

c0036203_18462765.jpg求菩提から寒田(さわだ)に着くと

あちこちに注連縄があり

神幸祭の行列にいくつか会った

かかしも所々にありこの地の若い世代(?)の思いか?とも・・

c0036203_18542188.jpg


城井川沿いに下り、本庄の大楠を表敬訪問

c0036203_191175.jpg


最後に二日前に行ったばかりの平尾台によって家路に
[PR]

by hobasira | 2010-05-06 19:10 | お出かけ

広谷湿原のノハナショウブ   

c0036203_17483698.jpg


広谷湿原の木道付近を少し外れた場所で出会ったノハナショウブ

この花が一番元気だった

c0036203_1756235.jpg


広谷湿原へはこれまでは電波塔への道の方から行ってたが

Takaさんから「青龍窟からは近いし眺めも良いですよ」と教えていただいて

初めてのこちらからのアプローチ

それにしても青龍窟下から見上げる壁は高くて急だ! ちょっとひるんだけど・・・

c0036203_18211550.jpgc0036203_18282127.jpg

青龍窟に立ち寄った後は細い道を上って行く

途中では、所々で野イチゴや小さなトカゲに出会う

良くしたもので一番低い場所を越えるように道が続いている

c0036203_184031100.jpg田代峠の標識

青龍窟まで200mとある

c0036203_18432665.jpg


峠からの広谷湿原方面の景観

c0036203_18455295.jpg


峠から右手に広がる鬼の唐手岩~広谷台方面

Takaさんによると福岡県のスイスだそうです

スイスには行った事がないのでよく判りませんが、良い眺めの場所なのは確かです(笑

c0036203_18532043.jpg峠から湿原の方面に向かうと

茂みの中から水音がする

立ち寄ってみると

3mほどの二つの滝

暑い季節に冷たい水が気持ちいい

鬼の唐手岩は独特の形をしていて見る角度によって違った形に見える

c0036203_18581432.jpg


c0036203_1912893.jpg


c0036203_1922372.jpg


c0036203_193757.jpg


青龍窟側から広谷湿原へ移動していくと、こんな風に形が変わる

c0036203_195618.jpg


c0036203_1955838.jpg


誰もいない広谷湿原に入ったものの、ノハナショウブの盛りは過ぎていて

青龍窟側から木道地帯に入る少し前の流れのそばに咲いていた一本が一番きれいでした

でも、この時期にハナショウブが見れるなんて!  Takaさんありがとう!
[PR]

by hobasira | 2009-07-08 19:57 | 季節

等覚寺あたりにて   

事故発生!

昨夜、過去記事のタグを点検していたら何故か 

「等覚寺あたりにて」 のタイトルが二つに!

一方を「削除」したら両方とも消えてしまって・・・

せっかく戴いたコメントも消えてしまいました

お~~い エキサイト~! 頼むよ~・・  という事で再掲

c0036203_694943.jpg


山口ダムの脇から濃い木立の中の細い道を上るとぽっかりと隠れ里のような等覚寺が現れる

大好きな場所の一つ

c0036203_6171791.jpg


田植えの済んだ棚田が広がる

白川の里からTakaさんの田舎暮らし日記平尾台の風を感じて・・・などの

平尾台周辺に詳しいTakaさんに教えてもらった広谷湿原のノハナショウブを見に行く途中に立ち寄った

c0036203_628767.jpgc0036203_6291332.jpg

苅田町から土手に黄色の花の咲く殿川ダム、内尾薬師の方から入る

巨大な採石場を横目に昨年開通した京都トンネルへ

c0036203_6543494.jpg


トンネルを抜けると眼下に白川の里が広がる

白川地区へは小波瀬方面からよりも京都峠から行く方がなんとなく好きだ

ここから山口ダムを迂回して登り冒頭の等覚寺に至った

c0036203_638333.jpgc0036203_6385498.jpg

等覚寺のそばの青龍窟は観光地化されてないが知る人ぞ知る貴重な場所

入口をはいると等覚寺の奥の院がありヒンヤリ涼しい

c0036203_6443188.jpg鍾乳洞の奥への入口

奥からは水の流れる音がする

しゃがんでやっと通れるくらいの穴

初めて入ったが

その先はかなり広くなっている

一人で行ったので、ここまでに
[PR]

by hobasira | 2009-07-07 06:59 | 風景

平尾台の桜   

c0036203_194368.jpg


平尾台は今は野焼きの後で地味な景観の時期

点在する石灰岩は草に隠れていた部分も良く見えるようになっているけど煤けてるし

これは自然観察センターですが桜が文字通り花を添えてます

c0036203_1910187.jpg


菜の花の黄色もとてもよく映えてます

茶が床

c0036203_2023317.jpg


c0036203_20253811.jpg


c0036203_20262520.jpg


c0036203_20271892.jpg茶が床の駐車場わきには

新しいトイレもできました

c0036203_20282036.jpg


井出浦浄水場付近は桜の名所のひとつ

既に路上には桜の花びらが敷き詰められていて

北九州の桜も今週いっぱいのようですね
[PR]

by hobasira | 2009-04-07 20:37 | 季節

雪の平尾台   

c0036203_1754642.jpg
本日は平尾台の大掃除だったが

朝、行ってみると雪で中止

せっかくなので雪景色を見に茶ケ床へ

日頃の行いの良さからか(笑) 茶ヶ床に着く頃には日の光が射して、雪景色が映える

c0036203_17131584.jpg


c0036203_18451614.jpg


c0036203_18491775.jpg


c0036203_18511233.jpg


c0036203_18522793.jpg

気温はマイナス2℃で少し写真を撮っていると指が動かなくなる
こんな感覚も久しぶりで、かえって楽しい
車に戻って指を暖めて、また撮影に戻る

枯れ草の平尾台

野焼き翌日の黒い平尾台

そして今日の白い平尾台・・・この季節はコスメの達人の平尾台だ
[PR]

by hobasira | 2005-03-13 19:33 | 季節

野焼き翌日の平尾台   

c0036203_19143790.jpg
平尾台の野焼きは昨日(3月2日)
だったが、見には行けなかった

「平尾台事典」さんはライブカメラ
画像をのせてサスガ!だ
  (その手があったか!)

今日、移動の途中で寄ってみた
小雨が降ったり止んだりで、モヤがかかって遠くもぼんやりな風景

誰もいない! 当然だろう(笑)

c0036203_19311028.jpgc0036203_19434820.jpg
         こんな感じが基本的風景              こんなに岩があったのか!な風景

c0036203_19531881.jpg
野焼きをしなかった場所はこのような景色

野焼きは一つのイベントで多くの人が
見物に行く

これまでは野焼きの後は「オフ シーズン」
として初夏の頃まで近寄らなかった

でも、これも平尾台の四季の中の一つの姿だ
[PR]

by hobasira | 2005-03-03 20:07 | 季節

夕映えの平尾台   

明日は平尾台の野焼きだ
行きたいけど、一本道で駐車スペースも限られていて、何より人が多い

モヤモヤして平尾台へ
明日は燃えてしまう枯れ草にサヨナラを言って帰途に(ちょっとキザ)

台上に居るときは曇っていたが、下っていたら雲間から日の光が
c0036203_201119.jpg

             ↑ 太陽の左にある小さなトンガリが福智山頂
c0036203_2034387.jpg
c0036203_20468.jpg

下まで降りて振り返ると平尾台に夕日が射していた

※野焼きは3/2に延期されたようです
[PR]

by hobasira | 2005-02-26 20:11 | 風景

冬の平尾台   

c0036203_21432016.jpg

雪景色の平尾台もいいけど、あえて雪のない冬景色で  1/30撮影

平尾台秋吉台と並ぶカルスト台地
高低差のあるうねった草地に時に密に時に疎に石灰岩が散在する

その地下には有名無名の鍾乳洞が多数あり、ドリーネが低木に隠れている

広さでは秋吉台! きれいさでは平尾台! ってもちろん個人的感想

どちらにも数多くの化石が出ている
とりわけ平尾台の青龍窟からは何層にも積み重なった各時代の地層から
その時代を代表するような化石が出ているようだ

2月27日は平尾台の野焼き
終わった後は石灰岩がススで黒くなってしまっている

平尾台が一番きれいな季節は初夏の頃
緑の草の中に石灰岩の白さが目立つ
それを知っているからこの風景が衣替えに見える

平尾台に詳しいブログ「平尾台事典

話し変わって今日は節分
ハッと気づいて玄関で小さな声で「鬼は~外!福は~内!」
主には口の中に「福は~内!」
[PR]

by hobasira | 2005-02-03 21:30 | 季節

内尾薬師 相圓寺   

c0036203_1501223.jpg
苅田町の山側、殿川ダムの北側に

天台宗宝蔵院相圓寺がある

九州四十九院薬師霊場に名を連ねる

後方は平尾台山系

c0036203_10152122.jpg
急ながけの中腹にトンネル状に岩に開いた穴から中に入ると

奥が開けていて桜の季節は花見でにぎわう

冬場には枝葉が少なく入り口の岩穴が良く見える

c0036203_10214157.jpg
トンネル状の内部

ウイークデイにはほとんど人の姿もなく、なかなか趣がある

知人がここで猪の親子連れとであって、

                口から心臓が飛び出すほど恐かったが

                ゆっくり離れてことなきを得たと話していた



[PR]

by hobasira | 2005-01-30 09:44 | 風景