タグ:食事 ( 14 ) タグの人気記事   

八屋海岸でアサリ掘り   

連休初日の昨日、今年三度目の潮干狩りは前から気になっていた豊前市の八屋へ

c0036203_1022314.jpg


豊前市のHP内で案内されている場所の一つだが

写真のように普通の潮干狩りの場所と一風変わって観光農園・果樹園のような囲われた場所

何かにつけて『あるがままの自然』好みのhobasiraとしては、やや抵抗があるものの

何よりも魅力は大き目のアサリが数も確実にゲットできる事

欲の皮と楽チンそうなのに惹かれて行ってみた(笑

c0036203_10352929.jpgまずは「豊前おこしかけ」

に立ち寄って

軽く腹ごしらえ

c0036203_10433229.jpg入場料500円を払って

この小さなネットを貰う

中に持って入って良いのは

このネットと掘る道具だけ

バケツなども禁止

c0036203_10462551.jpg


何しろネット一杯が制限なので小さなのは除いて大きなアサリのみを選別する(苦笑

それでも一時間ちょっとで一杯に

もっと持ち帰りたい人は、更に500円出してネットを買い、掘り続ける事も出来るが

我が家には これで十分だ


c0036203_1129271.jpg海水を汲み上げ

流し続けるプール

ここでアサリを一しきり洗い

蓋付きバケツに海水と一緒に入れ

持ち帰る

水道も4~5本あって

長靴や道具も洗える

早く終わったので帰りに 宝福寺山つつじ祭りに寄ってみたが

つつじの花はまだまだで、人影も関係者だけだった

帰りの10号線には春の100kmウォーキングの参加者が歩くのが見えた

これから一晩かけて別府まで歩くのか~! 無精な僕にはちょっと~~・・

c0036203_1104211.jpg


これが昨日の成績

小さく見えたネットだったけどアサリを量ってみると約1.5kg

中には稀にしか見る事が出来ないような大物も交じってなかなかの成果だった

アサリは自分で海から取って来て、貝の身がやせ衰える前に食べるのが一番

どうしても流通のルートに乗った貝は生きていても身が痩せて塩辛くなってしまう

大きなアサリの数を欲しい場合やビギナーの子供を連れていくには、ここが良いようだ
[PR]

by hobasira | 2013-04-28 11:16 | 季節

川崎町のパン博へ行った   

土曜に家に帰ると かみさんから 「明日はパン博に 行きますよっ!」って

はいっ ?  わかりました!  御意のままに!(笑)

義妹と三人で開場30分前に到着したんだけど

c0036203_2132594.jpgc0036203_2152093.jpg

開場前も 中に入ってからも想像以上の混雑ぶり

イート イン エリアで 買ったパンと スープでランチ    家まで辿りついたパン達

c0036203_21125366.jpgc0036203_2114481.jpg

今日 帰ると かみさんが ローカルTVに パン博の話題で偶然に僕が写ってたよっ! って

知る限りでは そんなのは初めての事  まぁ~ あちこち行ってたら そんな事もあるかも・・
[PR]

by hobasira | 2013-04-22 21:38 | 食べる/飲む

アサリ掘り 第二陣   

豊前海のアサリが壊滅状態と言われてハヤ数年

美味しかった色白で うっすらピンク色にさえ見えて 貝が開くと貝殻の形に丸く盛り上がっていて

食べると柔らかく甘味のある美味しさ

あれはもう 夢 幻か? ・・

と諦めかけてたが 先日 椎田に出かけて

数も大きさも イマイチ いま二 だったけど 見た目も味も まさに あのアサリだ~~!

そんなこんなで 豊前の松江(しょうえ)へかみさんと一緒に

c0036203_19361069.jpg


これが結果だけど・・

今回も量は大したことはない・・と言うより少ないな~(苦笑

c0036203_19412582.jpg まずは腹ごしらえ

宇島(うのしま)にある

漁師食堂

うのしま豊築丸』でお昼をいただく

c0036203_20512241.jpgc0036203_20561137.jpg

いよいよ松江へ

c0036203_20591778.jpgc0036203_2104096.jpg

懐かしげなJR松江駅                   潮干狩りの松江の海岸

c0036203_2151063.jpg ここは八屋の

 潮干狩りの場所

 観光農園のように

 区切られた場所で

 しっかり粒揃いのアサリが掘れるようだ

 この間の経験から お店で買うアサリより ちょっと大変でも 数が少なくても

 自分で海辺から掘って来たアサリが数段美味しい

 そういう意味で ここにも掘りに行って 食べてみたい
[PR]

by hobasira | 2013-04-15 21:15 | 季節

昭和な中華料理店 門司港の萬龍   

c0036203_18515892.jpg


先日ちょっとした集まりがあって、この店を使った

門司港レトロから山側に300mほど行った場所の裏通り(?)付近で判り難い場所

駐車場は3台分だったか・・

1946年に開業した店だそうだが建物はもっと前からの物だと聞いた

c0036203_1901553.jpg


入口を入ると、こんな雰囲気  奥の方が厨房のようだ

食事のできる場所は二階

c0036203_2083749.jpg二階にあったガラス戸

随分前にこんなガラス戸を見たような

ネジで閉める戸が建物の窓などの殆どに

窓の外を見ると周りの家の瓦屋根

c0036203_20134544.jpg


部屋の中も昭和が溢れていた

料理は安い値段の設定だったので「フツー」だったけど

一定のコースにすると随分変わったものがあるようだ

門司港レトロも、こんな建物を生かすと、もっと膨らんでいくのかも・・
[PR]

by hobasira | 2010-06-24 20:19 | 食べる/飲む

記念のお食事会   

c0036203_14304853.jpg昨日は義母の記念日

たまには外でディナーをと

小倉中津口の

Li庵へ

c0036203_1435012.jpgまずはオードブル

美味しく食べるにはワインは必須!

タクシーで出かけた

ムースに入ったアスパラの香りが

なかなか良かった

c0036203_14395042.jpgコーンのコールドスープ

極小のアラレがおもしろい

c0036203_14421453.jpgc0036203_1443235.jpg

c0036203_14441433.jpgすすき、小倉牛

デザートへと食べ進んだ

量は少なめにと頼んでおいたが

どれも満足な美味しさで

食べ終わる頃にはお腹一杯!

昨夜はお腹と心に余裕があって

ちゃんと料理を撮影できました(笑

c0036203_14504139.jpg


風がかなり強かったけど涼しくて

腹ごなしに紫川の川べりまで歩いてから帰宅へ
[PR]

by hobasira | 2010-06-13 14:59 | 食べる/飲む

なんじゃもんじゃ満開の岡湊神社   

c0036203_16294658.jpg


連休最後の5日は遠賀川河口の芦屋町へなんじゃもんじゃを見に出かけた

岡湊(おかのみなと)は昔のこの地域の地名で日本書紀や古事記にも出てくるとかで

1800年の歴史のある神社だそうです

c0036203_16391849.jpg


北九州市内でなんじゃもんじゃと言えば夜宮公園横の通りだけど

実はここ岡湊神社の方がはるかに歴史はある

c0036203_16484244.jpg


この時期、境内はなんじゃもんじゃの花で一杯になる

c0036203_16512528.jpg


花はすっきりした良い香りがある

c0036203_16573382.jpgc0036203_174146.jpg

c0036203_175046.jpgお昼は海際の丘『魚見台』にある

国民宿舎『マリンテラスあしや』の

展望レストランで

値段もお手頃な懐石弁当 1500円

c0036203_1792043.jpg


魚見台からの眺め 黄砂の為か霞んでいて遠い海の方面は見えなかったのが残念

c0036203_17121769.jpg


若松を通って帰っていると、あちこちでこんな光景が

まさか菜の花ではないだろうけど何だろう?

c0036203_17153013.jpg近寄って見ると・・

キャベツ?・・

天候不順で収穫できなかった

キャベツから花が登ったのか?

初めて見たなぁ~
[PR]

by hobasira | 2010-05-09 17:22 | お出かけ

求菩提へ  その2   

c0036203_18111376.jpgc0036203_1812739.jpg

求菩提キャンプ場付近を散策後、更に奥に進むと

犬ヶ岳登山口に二軒の食事の場所がある

そのうちの一軒「ふきのとう」でヤマメの塩焼きと茶そばで昼食

以前、数年続けて連休に一家8人で来ていた場所

c0036203_18223743.jpg昼食後は求菩提山に向かい

新しくなった県道32号線を進むと次郎坊峠

求菩提山が標高782mだから

山頂まではきつい上りがまだ200mくらい

c0036203_1831477.jpgc0036203_18322452.jpg

峠を下って行くと、鬼の雁木の滝  ちょっと水量が少なめだったけど

c0036203_18424973.jpgc0036203_18434211.jpgc0036203_18443526.jpg

c0036203_18462765.jpg求菩提から寒田(さわだ)に着くと

あちこちに注連縄があり

神幸祭の行列にいくつか会った

かかしも所々にありこの地の若い世代(?)の思いか?とも・・

c0036203_18542188.jpg


城井川沿いに下り、本庄の大楠を表敬訪問

c0036203_191175.jpg


最後に二日前に行ったばかりの平尾台によって家路に
[PR]

by hobasira | 2010-05-06 19:10 | お出かけ

錦市場   

c0036203_2028140.jpg旅行に行くとその地の市場を見るのが好きなんだけど

何度も行ってる京都なのに

ここには行って無かったのを思い出した

四条通の一筋北に延びてた

c0036203_20375924.jpgお馴染みの漬物を始め

いろんな物が並んでる

買い物客は外国人も混じり

年齢層は二つの層に分かれてた

お馴染みさんを中心の中高年

いかにも観光の20代と

c0036203_20433258.jpg京野菜

お値段はなかなかよろしかったけど

c0036203_20452524.jpg


琵琶湖が近くにあるからだろうが淡水魚ばかりを扱う店も

ドジョウの開きがあったのにはビックリした

c0036203_20484975.jpgピンポン玉くらいの

小さなアンパン

玉子屋さんで売ってた

食べてみてなかなかだった

c0036203_20523821.jpg色・デザインの違う干菓子

ケースの中で見にくいけど

c0036203_20561867.jpgその場で焼いたカキを

食べさせる店の前には行列

c0036203_20581925.jpg大きなキャベツを置いてる店

撮影OK!とある

c0036203_2103199.jpg餅つきパフォーマンス

見物人が「よいしょう~!」と掛け声をかける

c0036203_2151325.jpg錦市場の近くの

甘栗の老舗

美味しく食べました
[PR]

by hobasira | 2009-11-25 21:17 | お出かけ

思い出ごろごろ   

今回のリフォームでは外装と内装をやりかえ、壊れかかったキッチンを更新する事と

もう一つのテーマは収納場所を増やし全ての物に「居場所」を与えそれ以上の物を置かない

なにしろ雑多な物が部屋の中心部に向かって年々押し寄せてきていて・・

そんな訳でベッドや箪笥のような大きな物以外はすべて動かせるように中をからにし

収納されている物も全て箱詰めにし母の家に運ぶ作業が延々と続いています


あちこちから懐かしいものが次々と出てきてツイ見入ってしまう

父の作った陶板の数々、書き溜めた俳画の山、大量の昔の写真

几帳面な人だったので、あらゆることを記録にして残している書付とか

また子供達それぞれの絵や作文、工作、写真、少ないけど表彰状や記念の品々・・

一つの思い出の周りには沢山の事が付随している

使わない物はなるべく捨てるつもりで作業をしてるけど、なかなかそれができない

それぞれの物を見てはカミサンと二人でそのころを思い出しての話になって能率不良(苦笑

c0036203_17305016.jpg気分転換に昼食は外でと

下到津のイル・ブッフォーネへ

外からは分りにくいけど適度にコジャレて

ボサノバなんかが流れてる

ランチは一種類のみで1800円だが納得

客は僕らを含めて3組のみだったが

満席になっても不思議でない店

難点は駐車場が狭い事

c0036203_17371283.jpgかみさんが「なんじゃもんじゃの木」を

知らないと言うので帰りに

夜宮公園に沿った「なんじゃもんじゃ通」へ

すでにかなり散りつつあったけど

この季節ならではの風景

c0036203_17403727.jpgゆんたす珈琲   戸畑の新池

コーヒー好きの僕ですが

最近はここの「いのさかブレンド」をもっぱら

これをベースに他のものを多少混ぜたり

そのままだったり

コレを買い足して息抜きはここまで

さ~て帰って、もう一丁頑張らなくっちゃ~!
[PR]

by hobasira | 2008-05-06 18:55 | リフォーム

唐戸市場   

どこに行っても金太郎飴の昨今、その土地らしさが
見れる可能性のある場所として僕は市場が好き! (とりわけ魚市場が)

海外に行っても、市場行きを添乗員なんかに言うと怪訝な顔をされるけど
 (国によっては危険な場所にあるときもあるけど)構わず行って、満足!

唐戸市場は68年の歴史の後、2001年4月に少し場所を変えて建て替えた

c0036203_2172123.jpg日本有数の水揚げ量の魚市場でフグとアンコウは日本一!
(フグは南風泊港に唐戸市場(アネックス?)があるので)

ウォーターフロントとか三セクとかの言葉が気になるが・・・

門司港は明治時代に中国との航路を開き九州の拠点として発展したが
下関はその後、韓流ブームが起こるずっと以前から韓国との航路があって「お運びさん」が行き来し、一部に韓国文化が根付いてる

c0036203_21484577.jpg
魚市場を観光スポットにした設計

すぐ裏は関門海峡の最も狭い場所

壇ノ浦(平家物語でも有名)
建物の中は休日は観光スポット・・と言うか食事場所

c0036203_229514.jpgc0036203_2292833.jpg
c0036203_22173991.jpg
c0036203_22184385.jpg
ふく(この地では商売人はフグとは言わない)を中心に海鮮の食事

にぎり寿司・いくら丼・フグのから揚げ・フグの味噌汁などを中心にヒレ酒も

釧路の和商市場にも去年の秋に行ったけど、僕にはここの方が数倍・・・

右下の写真は2階の有名な(?)回転すしの店(昼食時は30分以上待ちはアタリマエな・・・)

食事待ちをできない僕は市場でニギリとフクの味噌汁・から揚げで昼飯

こんな雑騒の中で食事をするのも良いもんだ

c0036203_2331831.jpgc0036203_2333453.jpg


左は門司側から、右は下関側から見た関門橋

今日は照ったり曇ったりで、写真の条件もいろいろだった
[PR]

by hobasira | 2005-03-06 20:47 | 食べる/飲む