自民圧勝?!   

投開票前に予想された以上の自民党の圧勝だった
と言うより民主党の惨敗だったと言うべきか?

前回の選挙で民主党が野党の一部と自民党から取った議席を
そっくりそのまま自民党に持っていかれた形だ

結果論からは二大政党の「夢」に浮かれた民主党バブルであった事になる

日本の財政再建は必須であると思われるが
それをどのようなポリシーで進めていくのかが問われているのが現在だろう

「郵政民営化」が本丸とは思わないし、小泉首相の財政再建へのポリシーにも賛成できないが
民主党は「二大政党」気取りで自民党とあまり変わらない政策を歯切れ悪くしか提示できなかった

「小泉劇場」は巧みで郵政一本槍であたかもそこに「改革」があるように演出し成功した
小泉首相の政策には賛成しないが政治家は自分の掲げた公約を前面に出して
それで選挙を戦うと言う姿勢は「こうあるべきだ」と思う
そのような姿勢が評価されたのだろう

これからは「国民の支持」を錦の御旗に何をやらかすやら・・・
自民党を支持した人たちの中にもこの心配があるのではないだろうか?

これからどんな事がどのように進められていくのか、しっかり見つめなければいけないだろう

暮らしの改善や平和や安全な暮らしが得られるためには政治を通じてしかないだろう
政治家が自分たちで変わっていくことはないだろうし
国民が政治家を育てるしかないだろう
政治は一朝一夕に変わることはないだろう 長い長い時間が掛かるだろう
国民が政治に対して育って行かなければならないから

投票率が高かったことが望みの綱だと思う
初めて投票に行った人たちに諦めないで欲しい
是非皆で見つめ続けて政治家を育てて行きたいものだ
[PR]

by hobasira | 2005-09-12 20:46 | 暮らし/社会

<< 祝辞 土曜の午後 >>