同窓会   

c0036203_84423100.jpg同窓会が二日がかりであった

10年前の時は百数十名が京都に集まり
終了2日後に阪神大震災があった

5000年以内の活動が活断層の定義なら
ほんの一瞬の差  幸運だった

まずは母校に集合

c0036203_8554652.jpgちょうど運動会が行われていた
昔と違って男女の数はほぼ同じのようだ

敷地内を見学
卒業後、初めてのように思える
ずいぶんあちこち変わっているが
校舎本体は建て換わってない

中庭に記念植樹
角館の枝垂桜だとか

c0036203_9181713.jpg一室を借りて既に退職された恩師に
授業を受ける

当てられて当時のように
しどろもどろする者も

テーマは還暦に始まり
老後にある11の祝い行事について

c0036203_9252132.jpg知人のホテルに会場を移し宴会

恩師5名と共に100余名が各地から集合

クラスごとの集合写真や近況報告など
次第に盛り上がり二次回/三次会と続いて
遅いグループは明け方まで続いたようだ

(写真が傾いてぶれているな~・・・)




c0036203_9524491.jpg二日目はゴルフ組とバスハイク組に分かれて
僕はバスハイク組でまず平尾台自然の郷

先日、記事にした「だだちゃ豆」について尋ねてみたが豆だけでは売ってないらしい・・・残念!

暑いくらいだったが
空は高くすでに秋の空

c0036203_9552165.jpg        10号線を南下して
知人が運営する観光農園
小高い丘の山麓に広がる「森の風」へ

丘陵地のあちこちにかなり距離を置いて
幾つもの建物が散在する

c0036203_1043573.jpgその中の一つ「ふたり静か」で
オーナーのサービスを受けながら昼食
この他にも数品付いて
皆、大満足!

c0036203_10132483.jpg昼食が済んで落ち着いたところで
八面山の麓の金色(かないろ)温泉

室内風呂の他、露天風呂が
斜面に沿って5~6箇所ある
談笑しながらそれらの湯壷を巡る

顔には昔の面影を残しながら
体つきはみんな~ ・・・

湯上りのビールにうなりながら、別れを惜しむ
飛行機や新幹線、それぞれの計画に応じて帰りのバスから流れ解散
次の再会を約束して


これまで卒業後の区切りの年に各地に呼びかけて同窓会を開き
一学年500名中、100名以上が集まってきた

はるか昔にたった3年間を共に過ごしただけなのに
友との再会はなんとも言えず楽しい

きっと今や実利のつながりからはなれて
まだ未熟に純であった頃のお互いの関係で思い出を肴に酒を飲めるからだろう

次は京都で日付もホテルも決まっていると言う
[PR]

by hobasira | 2005-09-19 10:40 | できごと

<< かたつむり 彼岸花 >>