沖縄は夏だった   

c0036203_15171711.jpg入道雲の架かる空の下

中古車街道をさまよう

日なたは勿論、日影に逃げても汗が吹き出る!

暑い! たまらん!

c0036203_15181189.jpg息子に付き合ってレンタカーでうろついてハヤ数時間
一緒に見る気も失せて、クーラーが効いてる車の中で待つ

(おっ 戻って来た  決まったかな?)
じゃー次に行こうか~
「??・・・うん、行こうか・・・」 
(勘弁してくれ~~! 熱中症になりそうだぞ~~! 涙)

結局、開いている店がなくなるまで回って夕食へ

候補の車を絞って明日までに決めておいて買いに行く事にして別れる

ホテルに着いたのは23時頃でシャワーもそこそこに疲れ切ってバタン、グー!

ところが夜中に暑さで目が覚める(暑がりなんでクーラーつけて寝たのに・・・)
設定温度を下げながら沖縄では最低気温があまり下がらない事を思い出したがあとの祭り

ホテル従業員の若い娘に聞くと、長袖シャツを着るのは11月下旬でコートは勿論セーターも着ないと


翌日 「どれに決めたかい?」と聞くと
いろいろ考えて、友達の意見も聞いたけど、もう少し見てみたい」と
(誰に似たんじゃ~~! 少なくともオレじゃないぞ~~!)

「いいかい、息子よ 良くお聞き。高いものにも安いものにも、それなりの理由があって
値段の決め方は決まっていて、とんでもない掘り出し物に出会う事は決してない!」
と言うことで昨日の同じコースをもう一度回るが、どうも昨日と同じ雰囲気でヤバイ!
ついに時間制限を設け、時間切れ10分前にやっと決定! (ふ~~っ!)

限度金額一杯の車にかなり惹かれていた様だが「自分で決めろ!」と言っといたら
三分の二くらいの金額の車を選んだ(妥当な選択だ)

他の用がある息子と別れてホテルに戻り、しばしの昼寝で寝不足から生き返る

c0036203_16245098.jpg暑さを避けて夕方から那覇市内へ出かける

首里から、ゆいレールに乗り換える
かりゆしウェアの駅員や浴衣姿の娘たち
ライトアップされた首里城が車内から良く見える

進むに従いモノレールの中はどんどん込んで
まるで東京のラッシュアワーのように
アメリカ人の姿が多いのが少し違うくらいで
知らずに沖縄に行ったのだが「那覇祭り」のため
県庁前で「ゆいレール」を降りると久茂地交差点に広場があってグループごとの演技が

c0036203_16551181.jpgc0036203_16553940.jpgc0036203_16561336.jpg
柱を持ち上げての演技で何かは知らないものや、着物姿の綺麗なおねーさんと踊る
子供の足捌きが実に堂に入っていたり、サンバチームも待機中で

時間限定で車両進入禁止になっている国際通りを次々にチームがやってくる
途中で踊りや演技をしながら進み、最終ステージが久茂地になっているようだった

c0036203_1785313.jpgc0036203_1791772.jpgc0036203_1783535.jpg
c0036203_1795270.jpgc0036203_1710970.jpg石嶺町のエイサーは
3歳から80代までの100人くらいの大集団で
こんなチームが組める町は
きっと住み良い所だろう

エイサーの事はわからないが、何となく上手に見える子は腿が高く上がり小太鼓(?)を
叩いたあとのバチを持った手が高く伸びて声もしっかり出ている
見物人の後ろで手馴れた身振りで踊っている人はどの子かのおかーさんだろうか?
僕のイメージの中の「憧れの沖縄」の姿がそこに見えたような・・・
まだまだチームは続いたが、お腹がすいて夕食へ(笑)

c0036203_17192734.jpg


c0036203_17201995.jpg↑ターコイスブルーの海の中をのびる
海中道路

←その傍でカイトボーディングをする若者が景色の中で決まってる!

あちこちの海際では
水着姿の家族連れも

沖縄はまだ夏だった!
[PR]

by hobasira | 2005-10-10 17:58 | お出かけ

<< 運転練習 沖縄編 100km ウォーク >>