唐津供日(くんち)   

ボツボツこのあたりでも紅葉が見頃になってきたようなので、天気情報とにらめっこして
熊本か島根かと予定を考えて、周辺情報を集めていた

朝、起きてみると・・雨!・・雨!・・・

ネットでいろいろ調べて、これまで行ったことがない(祭り見物には基本的に行かない男)ので
唐津くんちに繰り出してみた(唐津の方、こんな理由ですみません!)

c0036203_18343914.jpg

唐津くんちは唐津神社の秋の大祭で400年の歴史を有し
14台の曳山が練り歩く勇壮な祭りとか    上の写真は、山の上から餅をまいている

c0036203_18423551.jpg数十万人の人出とかで車も渋滞し
駐車場に入るのも大変そうで
遠くにある駐車場に入れて歩く

駐車場で貰った地図ではかなりの距離があるが唐津は良いところで天気も良く
整備された海辺の近くの河口付近を歩くのが心地良い
(地図の右上のロイヤルホテルから太い道沿いに左上のお旅所まで歩いた)

城内橋の上から望む唐津城

c0036203_1857692.jpg歩いていくとこんな風景の船着場があり

c0036203_1914377.jpg宝当神社行きの定期連絡船

この船に乗って行って宝くじを買ったら当たりそうな・・・(笑)

天気が悪くて紅葉見物から唐津くんちに予定を変えたが
この頃には晴天で歩いていても暑いくらい


c0036203_1973191.jpg石垣の上に白壁が
その向こうに石橋が運河に映り

街を歩いていると萩に似た雰囲気だが
こちらの方が新しく手が入っている

自転車で回ると良さそうな感じ

c0036203_19161013.jpgお旅所に着くと曳き込みが終わるところでものすごい人の波

ここに着くまでも歩道の上の日影には
座り込んで何かを食べている人が多く
車道もすいすい歩けない大混雑

ハッピ姿の子供やお兄さんもかっこ良かったが、お兄さんの写真は撮れず
お祭りは見るものではなく参加するものだな~!とつくづく思った

山の曳き出しを見たかったが、人の多さに閉口して引き返す

盆・正月には帰省しない人でも、「くんち」には帰って来るとかは博多の山笠などと同じか
昼食に入ったお店にはそんな人たちが集まっていて、いろんな話が聞けた

唐津くんちには「高級魚の「あら」がつき物だがキロ1万円で山を出すところでは
50~70kgのアラを買い込み尖葉の調理場所で処理し振舞うとか

女性は山を曳けないのが基本だが、曳ける山でも中学生までとか

帰りは七山村・三瀬村を通って少し紅葉を見ながらの帰宅
[PR]

by hobasira | 2005-11-03 19:57 | 伝統/風習

<< 朝霧 成人後見人制度 >>