カテゴリ:思い出( 11 )   

記念のクオカード   

c0036203_15414669.jpg


日本棋院のネット囲碁サイト『幽玄の間』のイベント 大和証券杯アマチュア囲碁選手権に参加した

昨年の11月から12月にかけて予備予選があり

予選リーグ戦を突破して本線リーグへと進んだのは今年の1月19日だった

残念ながら結果はここまで

本戦リーグは負け越してしまい

決勝トーナメントへは進めなかった


そんな事も忘れてしまっていたら 先日、大会の参加記念として上のクオカードが送られて来た

小さな宝物が一つ増えた

by hobasira | 2013-04-20 16:08 | 思い出

とても寒い一月だったらしい   

お出かけ好きのhobasiraも昨年末からお出かけらしいのは・・2回くらいか?

そのうちの一回は・・言いたくないけど・・陰謀に引っかかって・・ゴールド免許が・・・・涙

今夕の北九州版のTVニュースでは最高気温が10℃以上になるのは

昨年末の12月28日以来だとか(愕

年末から寒さや不良な天気続きだったなぁ~

一念発起した自転車通勤も寒さにめげてサボリっぱなしだし


自宅のデスクトップもWindows7をクリーンインストールして以来

いろいろ困って、あ~やったり、こ~やったりで夜が過ぎていく

とりあえずネットのスピードが1.2Mがまで落ちてたのを30~40Mくらいまでには戻せたけど

ルーターが壊れたらしく無線LANでノートと繋がらなくなった


今年の梅はいつごろ咲くんだろう?

by hobasira | 2011-02-01 20:07 | 思い出

梅田で同窓会   

一週間前の18日、高校同期の同窓会が今年は大阪梅田のスーパードライ梅田で開かれた

同期の幹事はうるさいくらいにとても熱心で、おかげで長く続いている

地元では毎年、学校創立記念日と忘年会の年2回

そして、それとは別に4,5年に一回は地元、関西、関東と場所を移す念の入れよう

c0036203_15431942.jpgc0036203_15435160.jpg

ここは昔からのビアホール スタイルで雰囲気がある

僕の高校時代は3年間ずっと男子クラスで、女子の居るクラスがチョット羨ましかった

孫の居る時代になるとさすがにノーサイドと言うか

楽しく昔話に花が咲いた

c0036203_1558566.jpg翌19日は六甲山へ遠足
六甲山は標高931mだそうだが

今回は600m付近の展望所まで

ケーブルカーで上り1時間ほど歩いて

ロープウェーで有馬温泉へ下りる

『楽々コース』へ参加

c0036203_1692214.jpgc0036203_16122990.jpg

しかし『楽々コース』と言っても結構きつい登りも有り

日本最古の『神戸ゴルフ倶楽部』の敷地を横切る場所もあった

一方で『健脚コース』はケーブルカーやロープウェーを使わずに歩き通すのだが

結局、『楽々コース』と殆ど変らない時間で歩き通す健脚ぶりだった

前回の関西での同窓会の時は熊野古道を歩いたという

その時は僕はカナダに行ったので参加しなかったけど良かった?(笑

c0036203_16243475.jpg


六甲枝垂れのある展望所に着いて一休み

しかしガスがかかって展望は霞みの中で残念

c0036203_16285514.jpgロープウェーで

有馬温泉へ下りる

六甲の山腹はかなり森が深く

登山者の捜索が行われる事も

珍しくないそうだ

c0036203_1633151.jpgロープウェーで下ってから

1km余歩いて太閤の湯

昼食を食べ

温泉で汗を流し

再会を約して解散

無事、新神戸から新幹線にて帰宅

by hobasira | 2010-09-25 16:42 | 思い出

思い出巡り   

c0036203_18132538.jpg


関東にいる叔父の一家が三世代で里帰り

昨日は運転係で昔懐かしい地を案内

c0036203_1819468.jpg生まれた家のあった場所

統廃合で無くなった

清見小学校跡地

昭和28年の大水害で壊れた

家の跡地や

c0036203_18231670.jpg青春の高校時代

練習をしていた

野球部の生徒が

礼儀正しく応対してくれた

ありがとう!

c0036203_18273682.jpg親戚や知人の家のあった場所

思い出に残る役所や

お店のあった場所

などを巡った後は

おすすめの平尾台へ!

夜は我が家で夕食を!

喜んで貰えたようで良かった~!

by hobasira | 2010-05-03 18:33 | 思い出

はしかの思い出   

いま関東を中心に若い世代にはしかが流行しているようです

既に、はしかのワクチンはおろか、免疫を持っているかどうかを調べるための
抗体検査の試薬も底をついたとか

ただ、はしかと風疹の2種混合ワクチンはまだあるそうですが
集団接種のときのような副作用が出た場合の自治体による補償は無く
あくまでも自己責任でということのようです


僕は子供の頃にはしかに罹ったのを憶えています

軒下にぶら下げてあった竹篭の中にイセエビの殻が入っていて
それを煎じて飲むと治りが早いと言われて飲みましたが
本当に効果があったのやら?


長男が高3の夏休み、友人とママチャリで2泊3日の自転車旅行を

帰って来た時には指がハンドルのグリップの形に固まって
数日間は箸が使えずスプーンやフォークで食べてました

そのうち熱を出し真夏なのに昼間から閉め切った部屋でクーラーも入れず
「寒い、寒い!」と言って布団をかぶって寝込んでしまいました

わりあい病気をよくする子だったので 「また風邪か?」 くらいに思ってましたが
なかなか熱が下がらない

顔を見ると前から少しニキビはあったけど、えらく増えている!

もしや!? と思って病院に連れて行くと「はしかです!」と

もちろん予防接種はしていたのですが 「世の中からはしかが減っているので
免疫力が下がったのでしょう」 と

つまり、予防接種で免疫が一旦出来てもある程度はしかにさらされないと
次第に免疫力が下がって行って、はしかに罹る人もあるとの事です

その言葉どおりに、その後、僕を除く家族全員がはしかに罹りました

子供達は全員、予防接種をしていたし、かみさんは子供の頃に
チャントはしかに罹っていたのにです

娘は特にひどくて、その顔を見て、言えなかったけど
「かわいそうに! この娘は嫁に行けないかも・・・」と密かに思い案じたくらいでした(笑
 (おかげさまで、この春、無事、結婚式をあげましたが)

その時に我が家の全員はしっかり免疫をつけたと思いますから
今回は多分大丈夫でしょうが・・

by hobasira | 2007-05-29 18:18 | 思い出

こたつ寝   

日本が世界に誇る(ちょっとオーバー?)冬の文化の一つこたつ!

なんと言っても日溜りに居るようにほんのり~ぬくぬく~と
家族がそこに集まりあれやこれやと
TVを見たり本を読んだりしているうちにツイツイうたた寝を一人二人と・・
なんとも言えず気持ちが良くて、ごくらく!ゴクラク!

松の内も残りわずかな昨夜は、お神酒が多かったのかコタツでぐっすり寝込んでしまいまして
それも朝まで・・・

かみさんに何度か声を掛けられた記憶があるような・・無いような・・・(ごめんなさ~い!)

コタツで朝まで寝ていたなんて・・前にやったのはいつだったろう?
それも思い出せませんね~
今日は体のあちこちが痛かったり、だるかったりと覚悟して仕事に出かけましたが
なんと言うことも無く、むしろ快調?!  まだまだ若い体なのかな?(勝手な思い込み



今は遥かな学生時代はコタツ以外に暖房器具は無く
友人が遊びに来たり、試験勉強を一緒にしたりで泊まって行く事もたびたび

そんな時はセンベイ敷布団の上にコタツを置き、その上に布団やコタツ布団をかけて
お互いに足と頭が反対に入って眠ったものでした
人数が二人を超えるとおちおちと眠ってられないくらいの場所と布団の取り合いでしたが(笑

今の子供たちってエアコンがあって当然の場所で生活しているでしょうから
そんな経験もないでしょうが

by hobasira | 2007-01-06 20:43 | 思い出

帽 子   

c0036203_1923823.jpg人の顔の形を四角/丸/長いと分類すると
僕は長顔系

一方で帽子が似合うのは長顔系
とりわけツバの広い帽子は(との思い込み 笑)

そう言うわけで僕の帽子の数は多分20近く

カナダでご一緒したotabeさんが「パエリア」の記事にコメントを下さって、ふと思い出したこの帽子

この秋にカナダを旅していてフト呼び止められたような気がして求めました
同行の方たちのリップサービスで「和製インディー・ジョーンズ」と (似てるのは帽子だけ・・涙)

旅行先のトリップ気分で自宅に帰るまでこの帽子をかぶってましたが
さすがに日常に戻るとこれを頭に乗せてのお出かけの勇気が出ません

部屋の隅っこで寂しそうにしています

by hobasira | 2006-12-28 19:23 | 思い出

幼き日の記憶   

幼稚園に入る前頃から幼稚園時代の頃の記憶がどれほど確かなのか?と時々思う

本当に自分の記憶なのか、それとも周囲から「アンタの小さい頃は・・・」と何度も言われて
いつの間にか自分の記憶だと思い込んでいるのでは?と

2~3歳の頃のエピソードを画像付きで記憶していると思っている事が数多くありますが・・

僕の両親はいずれも6人兄弟で沢山の親族に囲まれて育ちました
親族が集まると昔話に花が咲いて、同じ話を何度も聞く事になります

衰えの出始めた叔父が一家で関東から来て今週後半に当地に滞在していました
元気なうちにと彼の長男の出張にあわせて

墓参り、実家の仏さんに、懐かしい地を回って
昨日は我が家で親族が集まって夕食を

こんな場所では勿論、近況もさることながら盛り上がるのは昔話!

曽祖父は草相撲の大関で酒は飲まないけど艶聞の多い人で70過ぎて駆け落ちしたり(笑)
その人の日常についてアレコレの話が出ると幾つかを画像付きで記憶しているような事が・・

自分の事についていろんなエピソードが出てきて、あの事件があったときは
ダレがこうしたらカレガこうしたみたいな話が場面が目に浮かぶような話が次々に

本当に自分の記憶なのか?こんな話を何度も聞いたのでそう思っているのか?
定かではないものの楽しいひと時を過ごす事が出来ました

by hobasira | 2006-04-15 17:23 | 思い出

腕時計が止まった 追記   

昨日から腕時計が戻った
分解掃除代 1万円で

25年以上これを使っていて「腕時計を買おう」と思った事もないので
最近の腕時計の動向を知らないので ちょっと調べてみた

すると な、な、ナント!
  電波時計! 調節不要!
  そーらー充電! 電池交換不要!
  10気圧防水!

そんなのが1~2万円で!

はぁ~~!  知らなかった~!  浦島太郎だ~!

いやいや そうではない、修理して使うのは思い出のためなんだ

思い出・・・思い出・・・重いで~~~!

by hobasira | 2005-07-22 14:38 | 思い出

釣りの思い出  Ⅱ   

小学校高学年から高校にかけて、僕は西洋カブレ&スポーツ少年だった

自宅から遠い学校だったので、友人とは学校でしか会えず、放課後はいつも暗くなるまで
いくつかのスポーツに熱中し、学校行事のときは深夜近くまで

家ではキャッシュボックスのヒットナンバーをチェックし、いずれNo1になる曲を予想し友人と意見交換
No1になったものには「興味なし!」

中学1年の頃にはサガンを、高校ではカフカ読んでは友人に解説したり・・・(プップッ!笑)
今思うと、ただ早熟と欧米文化通気取ってただけで、文学の何かもわかってなかったけど
その頃は自分では「かっこいい!」と

大学に入って同級生には何の興味もなく、刺激多き巷間を徘徊していたある日
住んでいたところの近くを歩いていて、同級生の一人が車のトランクから釣り道具を取り出しているのを
見かけて声をかけ、彼の友人達(同級生)との交流の扉が開いた

偶然にも皆釣りが好きで最初の釣行は天草の大江だった
クロ(関東ではメジナ)の30cm前後を一人・30匹前後を釣り、何かがはじけた

以後、友人とや一人で海・渓流・湖・池と、中古の軽に乗って魚との出会いを求めて放浪
いつの間にか友人たちから「水溜りを見ると釣り糸をたれる男」と言われるようになっていた

これを書いていると釣り糸を垂れたいろんな場所・場面がよみがえる
最も通ったのが天草のチヌ(クロダイ)釣りと五家ノ荘のヤマメ釣り

貧乏学生の釣りは工夫を誘い、釣竿を自分でいろんな釣り向きに改造したり、天草では
有料道路の料金徴収時間が終わるのを待って橋を渡ったり(少し前に徴収所から呼び込んでくれた)
夜明けの景色、日没の海、夜の堤防の上で眠り、夜の海に集まる魚・カニ・えび・イカを見ながら・・

五家ノ荘でのヤマメ釣りは厳しく、川の中を進み、滝の脇を登り、一日の釣行では何回か
川に落ちる
落ちながら深そうなところを狙ってジャンプ!

ヤマメ釣りは春先以外はルアー専門だったのでルアーも自分で作ってた

今思うと良く今まで生きていた!なんて馬鹿なヤツなんだ!

あの頃の釣りに注いだ情熱はどこから来ていたのだろう?

to be continued

by hobasira | 2005-05-13 22:01 | 思い出